肝臓

  1. お酒を飲まないのに肝臓の数値が高いのはなぜ!?

    会社の定期検診で初めての血液検査。そして初めて知った肝臓の数値。普段お酒を飲まないのに、肝臓の数値がよくなかったという方はいませんでしたか?お酒を飲まない方でも肥満や高血圧、糖尿病、脂質異常症に伴うメタボリックシンドロームなどの症状が疑われる方は、肝機能に関わる数値が高く出ることがあります。

  2. からだの慢性的な疲れはどこから?実は肝臓が原因かも!?

    「毎日仕事で疲れが溜まっている」、「何をするにもつらいなー」、「どうせ寝たら回復するだろう」など思っていたりしていませんか?実は肝臓の機能が落ちているかもしれません。慢性的な疲労を感じている方は要注意です。様々な働きがある肝臓の機能から原因を探ってみましょう。

  3. 脂肪肝ってなに?放っておくと怖い 早めに改善を!

    脂肪肝って初めて聞く言葉だと思う方もいらっしゃるかもしれません。脂肪肝は、その名の通り「脂肪の乗った肝臓」のことです。飲み会などお酒を飲む機会が多い方、毎晩の晩酌が欠かせない方は注意が必要です。放っておくと「脂肪肝」へ進行する恐れがあります。

  4. 二日酔いってなぜ起こるの!?二日酔いと肝臓の関係について

    今日は会社で飲み会。お酒は好きだけど、ついつい飲みすぎてしまった後、必ずやってくる二日酔い。次の日、「頭がいたい」、「身体がだるい」、「吐き気がする」、「下痢が止まらない」などとつらいですよね。お酒の強い人が羨ましいと思ったりします。

  5. 肝臓の役割ってなに!?意外と知らない肝臓の働き

    みなさんは肝臓と聞いたとき、なにを想像しますか?お酒を飲み過ぎた人がよく言う「肝臓の調子が悪いなー」という表現、健康診断での検査で肝臓に関わる数値を聞いたことがあると思います。

  6. 脂肪肝を改善させる運動とは!?運動の目安にも注目!!

    肝臓の機能が悪くなっている場合、原因として圧倒的に多いのが「脂肪肝」です。通常、肝臓には3%程度の中性脂肪が蓄積しているといわれていますが、30%以上の中性脂肪が蓄積している場合、脂肪肝の診断になります。脂肪肝の原因には、食べすぎや飲みすぎ、肥満、運動不足などがあげられます。

  7. 脂肪肝を改善させる食事とは!? 3つの栄養素を意識するだけ

    脂肪肝、よく聞きますが実際にはどんな状態のものは、実際にはどのような状態なのでしょうか。それは肝臓に中性脂肪が蓄積している状態です。脂肪肝を改善させるためには、食事内容に気を付けて脂肪の蓄積を抑え、または蓄積した脂肪を上手に消費することが重要です。

  8. かゆみの原因は肝臓にあった!?意外と知られていない関係性とは!!

    かゆみには2つの種類があります。1つは皮膚が赤くなり、腫れやぶつぶつなどの変化がみられる部分に限局してかゆみが生じるものです。もう1つは、皮膚には何も異常がないのに全身がかゆくなるものです。

  9. 肝臓の数値を下げる食べ物とは!?控えたい・摂取したい食品はこれ!!

    健康診断で肝臓の数値が高いと指摘されたことはありませんか?AST、ALT、γ-GTPなど聞いたことはあっても、何の成分なのかわからない。という方も多いかもしれません。簡単に検査の仕組みを説明しますと、細胞の中には、その細胞内で働いている酵素が存在します。

  10. 肝臓の数値を下げる運動とは!!筋肉が肝臓を助ける!?

    健康診断や人間ドッグで肝臓の数値が高いと指摘されたことはありませんか?数値が高いということは、肝臓が障害を受けて働きが弱っていることを意味します。肝臓では、食事で取り入れた栄養素から身体に必要な成分を合成・蓄積したり、身体に有害な物質を分解・解毒する働きがあります。

ページ上部へ戻る