ブログ

玄米ダイエットの方法は?


白米と玄米、どちらも同じ稲の果実から作られる穀物です。加工工程の違いで栄養成分に違いが生まれ、玄米はダイエット食品としても用いられます。さて、この玄米を使ったダイエット方法にはどんなものがあるのでしょうか?

玄米は白米より脂質が高く、これだけを聞くとダイエットには不向きに思えますが、実はダイエットにとても効果のある食材なんです。は玄米ダイエットの方法にはどんなものがあるかをご紹介します。

・玄米がダイエットに適している理由
・玄米ダイエットの正しい方法

今回のお話は玄米ダイエットにおけるポイントを押さえつつわかりやすくご説明したいと思います。

玄米がダイエットに適している理由

玄米がダイエットに良いとされている理由には、含まれている栄養素とその効果に秘密があります。玄米に含まれる栄養素にビタミン、ミネラル、食物繊維が取り上げられます。玄米だけでこれらの栄養素を補給できるので、おかずを減らすことも可能です。また玄米をダイエットの方法として利用する理由には「GI値」の低さにあります。
GI値とは炭水化物を食べた後の血糖値の速度を表す数値です。この血糖値が上がると体内でインシュリンが分泌されますが、このインシュリンは脂肪を体内で作り出す働きもあるのです。つまり、血糖値が上がるほどに脂肪も増えていき太りやすい体になってしまうのです。白米のGI値が90に対し玄米は55なのです。GI値は70を超えるとGI値が高い食品と呼ばれ、55以下はGO値が低い食品とされます。白米と玄米ではカロリーはほとんど変わらず、脂質に至っては玄米が高いにもかかわらず、玄米のほうがダイエットに適している理由の一つとして、このGI値の低さが挙げられるのです。

また、玄米に含まれる食物繊維はごぼうより豊富で、食物繊維が便通を良くしてくれるので腸の働きも活発になり基礎代謝を上げられます。豊富な食物繊維が玄米の噛み応えが咀嚼回数を増やし満腹中枢を刺激され、少量での満腹感を得ることができます。
そして咀嚼は意外にエネルギーを消費する行為なので玄米を食べることで自然とダイエットに繋がるのです。

b66264702a47afaed249d38506f9e110_s

玄米ダイエットの正しい方法

玄米はダイエットにはとても理にかなった食材ですが、取り入れ方や方法を間違ってしまっては本来の効果を発揮することができません。もちろん玄米ダイエットにはメリットもあればデメリットも存在します。その中で注意しなければいけない栄養成分が「フィチン酸」です。
このフィチン酸にはデトックス効果を持ち、玄米にはこの成分が豊富に含まれています。デトックス効果と聞けばダイエットにうってつけかと思いきや、玄米に含まれるビタミンやミネラルなどの栄養素まで排出してしまう心配もあるのです。
いくらダイエットや健康に良いからと言って玄米だけではむしろ逆効果にもなり得ます。この場合は玄米だけに頼らず、フルーツグラノーラや野菜などバランスの良い組み合わせの食事をすると良いでしょう。

また、玄米はすぐに効果が出るものと思わないでください。栄養も豊富で太りにくい食べ物ではありますが、玄米ダイエットは「太りにくい体質にする方法」と捉えたほうが良いでしょう。また、白米と違い玄米は炊くのにも手間がかかり、主食を白米から玄米に変えることで違和感を感じる人もいると思います。
その場合は白米とのブレンドを試し、食感や味に慣れ、徐々に玄米だけに変えてみるのも一つの方法だと思います。

19ea4f7a96901398ac36bc0b9453eeea_s


今回の玄米ダイエットのお話はどうだったでしょうか?ただ白米を玄米に変えるだけの簡単なダイエット方法に見えますが、なかなかハードルは高いものだと思われます。白米とは違い食べにくい、美味しくない、消化に悪いなどと言われていますがこう置き換えて考えてください。「普段食べ慣れていない食物繊維が豊富で腹持ちの良い食べ物」と。

・玄米がダイエットに適している理由
・玄米ダイエットの正しい方法

玄米に含まれる栄養成分は白米よりも豊富でただ食べるだけでも太りにくい体に改善してくれる食品です。少しの努力と継続で明らかに効果を感じることができるので、ぜひお試しください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る