ブログ

玄米の栄養成分はどれくらい含まれているか?


玄米は稲の果実で、白米になる前の精白されていない状態を指します。ぬかと胚芽を取り除き胚乳のみになったものが白米とされています。健康栄養食と言われるこの玄米に含まれる栄養成分はどれくらい含まれているのでしょうか?

玄米は米よりも栄養価が高いと言われ、その栄養成分から健康美容ブームの際には玄米食を勧める傾向にありました。そんな玄米の栄養価について今回はこのようにまとめました。

・玄米の栄養成分
・玄米と白米の栄養成分の比較
・玄米のほうが市場価格が高い理由

今回のお話では玄米の栄養価のことを知ってもらい、日常生活に取り入れることのメリットについて具体的にご紹介します。

玄米の栄養成分

玄米には豊富な栄養成分が含まれており、代表される成分はミネラルと食物繊維であるとされています。それでは玄米の栄養成分を次に挙げていきましょう。

玄米に含まれる100gあたりの栄養成分
・カロリー 349kcal
・脂質 2.7g
・ナトリウム 1mg
・カリウム 230mg
・ビタミンB1 0.16mg
・ビタミンB2 0.02mg
・ビタミンB6 0.5mg
・ビタミンE 0.5mg
・タンパク質 7g
・炭水化物 74g
水溶性食物繊維 0.7g
不溶性食物繊維 2.3g
(五訂日本食品標準成分表より)

栄養成分はこのようになります。

数字ではわかりにくいかもしれませんが、食物繊維はごぼうより多く、これほど多くのミネラルを含む穀物はそうはありません。

a5ad659265b900a2bd90afa3f19af0d9_s

玄米と白米の栄養成分の比較

玄米の栄養成分の高さは穀物の中でもトップクラスを誇ります。同じ稲の果実である白米と比べても玄米の方が栄養価が高いのです。それでは白米と比べてみましょう。

玄米に含まれる100gあたりの栄養成分
・カロリー 349kcal
・脂質 2.7g
・ナトリウム 1mg
・カリウム 230mg
・ビタミンB1 0.16mg
・ビタミンB2 0.02mg
・ビタミンB6 0.5mg
・ビタミンE 0.5mg
・タンパク質 7g
・炭水化物 74g
水溶性食物繊維 0.7g
不溶性食物繊維 2.3g

白米に含まれる100gあたりの栄養成分
・カロリー 356kcal
・脂質 0.9g
・ナトリウム 1mg
・カリウム 88mg
・ビタミンB1 0.08mg
・ビタミンB2 0.01mg
・ビタミンB6 0.12mg
・ビタミンE 0.2mg
・タンパク質 6.1g
・炭水化物 77.1g
水溶性食物繊維 0g
不溶性食物繊維 0.5g
(五訂日本食品標準成分表より)

脂質は白米のちょうど3倍になり、炭水化物も白米のほうが成分量は多く、これだけ見れば白米の方がダイエットに向いている気がします。しかし同じ炭水化物でも、白米のほうは水溶性食物繊維が全く含まれず、不溶性食物繊維は玄米の1/4に留まっています。
さらにビタミン群では玄米が圧勝しております。そして玄米にはフィチン酸と呼ばれるデトックス効果を持つ成分があり、がん予防や美容、ダイエットに効果があるとされています。

このように美容と健康を保つために必要な栄養素が白米以上に玄米には含まれていることが証明されます。

9a9d30544cc2fb8828f0e0161da4b161_s

玄米の方が市場価格が高い理由

玄米は稲の状態からもみ殻を取り、精白していないぬかや胚芽ががついた状態の稲の果実を指します。玄米の栄養成分は精白されることで少しずつ失われてしまいます。玄米には精白工程が無くその分の手間がかからないのになぜ白米より高いのか疑問に思った方もおられることでしょう。
栄養成分が白米より多く含まれていることだけが理由ではありません。玄米は無農薬栽培や食用玄米の選別という精米とは別の手間とコストがかかることが理由です。これらの労力や人件費などを考えると精米以上の手間と玄米自体が高価になるのも理解できます。

玄米はしっかりと栽培されたものはおいしく食べれるものですが、中には正しく選別、栽培をせず、ずさんな管理で出荷する悪徳業者も存在します。手抜き栽培で白米より高価に売れることを利用している心無い人間も少なからずいると言うことは残念な話です。玄米に限らず、おいしいものを食べるのであれば信頼ある出荷元から購入することが一番ですね。

fa4dc00eba55d949cdf92512ee9387bf_s


白米と玄米の栄養価の違いのお話しはどうだったでしょうか?米に含まれる栄養成分は本来あるはずのもので、精白される工程で失われるものだったのです。玄米の栄養価にはその精白工程が無いために、栄養成分が残されていることが理由だったのです。

・玄米の栄養成分
・玄米と白米の栄養成分の比較
・玄米のほうが市場価格が高い理由

今回のお話で玄米の栄養の理由と流通事情などがお解りいただけたと思います。同じ稲から生まれた玄米と白米、どちらにも長所がある食べ物ですので必要と思うものはぜひ取り入れてくださいね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る