ブログ

お風呂のカビの発生源は?

カビの発生繁殖の原因となるもので「原因菌」と呼ばれるものがあります。例えばお風呂の天井などには目に見えない原因菌が大量に発生しており、カビの胞子が原因菌によって天井から浴室全体にばら撒いている事が原因なのです。今回は原因菌の対策についてお話します。

お風呂の天井から降り注がれたカビの原因菌の胞子が壁や床などに付着する事でタイルなどに黒カビが発生してしまいます。つまりお風呂場のカビが発生する原因は天井にあったのです。

・天井の原因菌
・カビ発生の目安「ピンク汚れ」

嫌なお風呂のカビを撃退するにはこの2点について詳しく知る必要があります。それでは1つずつお話していきましょう。

天井の原因菌

お風呂の天井はカビが生えにくいと言われていますが、実はカビのアジトとも言うべき危険地帯でもあるのです。手が届かない掃除しにくい場所でもあり、水滴や蒸気、湯気に乗った皮脂がそのまま天井まで上がっていきカビが発生する為の条件を満たしてしまいます。いくら手の届く部分のカビを落としたところで、お風呂の天井で育ったカビの原因菌を退治しない限りはカビの胞子を浴室内に撒き散らして再発生・繁殖を繰り返す元となってしまうのです。

この天井の原因菌を落とすには浴室内をよく換気し、水分やカビの栄養分である皮脂や髪が残らないように洗い落とすのが一番でしょう。また、天井部分にはアルコールを含ませた先の長いワイパーなどを使って掃除をすると良いでしょう。

aaf71c0b2d014c5c1729a4507c6eba0f_s

カビ発生の目安「ピンク汚れ」

カビが発生する時目に付くのが「ピンク汚れ」と呼ばれる菌です。実はお風呂のカビの原因菌にはこのピンク汚れも関わっているのです。主にジメジメしたところに発生し、カビとは違い拭き取っただけですぐ落ちるのですが、すぐに繁殖してしまいます。カビはこのピンク汚れをエサにする為、カビより繁殖力が高いピンク汚れが現れるところには黒カビも現れます。ピンク汚れを退治する事ができれば黒カビ退治も可能と言うことになります。

このピンク汚れと言われる菌は酵母菌の一種で、「ロドトルラ」と呼ばれます。カビよりも落としやすい存在ですが、繁殖力はカビとは比べ物にはならないくらい高く、2,3日もすればすぐに発生してしまいます。ピンク汚れは水分があるところならどこにでも現れ、浴室内の雑菌をエサに繁殖していきます。また、菌であることから免疫力が低い人が触れると病気に感染する人もいるくらい有害ですので、しっかりと除菌する必要があります。

このピンク汚れは洗剤の耐性にも強く、落としたように見せかけて実はその部分に残っているなどとてもしつこい菌なのです。完全に退治するには除菌が必要で、エタノールなどの除菌効果のあるものを使いましょう。

044d5bfa47e907131ebf5c5f8d12e9be_s


お風呂のカビの原因菌についてのお話はいかがでしたか?しっかりと掃除したつもりでもカビの根は色んなところに張り巡らされており、退治したかのように見えてもしっかりと繁殖しているものなのです。完全にカビを退治するにはカビの住処となる場所をちゃんと掃除除菌する必要があるのです。

・天井の原因菌
・カビ発生の目安「ピンク汚れ」

カビが発生・繁殖する場所は今回お伝えしたとおりですので、カビが繁殖しやすい環境を作らないようにしっかりと換気と洗浄、除菌を行って行ってくださいね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る