ブログ

お風呂のカビを予防する方法!

梅雨などのジメジメした季節はカビに神経質になりますよね。放って置いたらあっという間に繁殖して酷い有様に・・・特にお風呂は常に湿気を気にしていないといけません。そんなお風呂のカビを防止する方法について考えてみましょう。

カビが繁殖しやすいお風呂は特に念入りに気をつけておく必要があります。発生したカビの根は思った以上に取りにくいものです。それではお風呂のカビを防止するための方法にはどんなものがあるのでしょうか?

・カビの発生温度
・お風呂の湿気対策
・カビの栄養を排除

これら3つのポイントを抑えることがカビの発生・繁殖を防ぐ手がかりとなります。しっかりと対策することでお風呂のカビを防止することに繋がりますので、ぜひ試して行ってください。

カビの発生温度

テレビなどでもカビの生息できる温度の検証をやっていたことがありますが、カビは45℃以上の場所では生息できません。逆に20℃以下の場所でも繁殖はできますので、冬でも寒いからと言って油断はできません。お風呂から上がった後にシャワーで浴室全体を高温のシャワーで洗い流すだけでもカビの繁殖を防げると言うわけです。このようにお風呂のカビ防止にはなるべく高い温度で浴室内を保つのがベストですが、常にと言うわけにも行きませんので、週に一回シャワーで浴室全体を洗い流すだけでも十分でしょう。

カビの発生する温度は大体20~30℃を目安に考えて、使用後は一度シャワーで浴室内を流してみてください。

48e7e81388348d797dcb11618921e48f_s

お風呂の湿気対策

カビが生える一番の理由として湿気がよく槍玉に挙げられますよね?当然、湿気もカビが発生する一番の原因となります。カビが発生する湿度は60%以上と言われており、どんなにきれいに掃除をしていても湿気がこの目安を超えてしまうとたちまち発生してしまいます。お風呂は常に水分があり、カビの
楽園とも言える場所ですが、ちゃんと対策していれば防止することは可能です。

まず、使用後には浴室内をしっかりと乾燥させる事が大事です。換気扇があれば一日中でも構わないくらいつけておくと良いでしょう。電気料金が気になるところですが、普通のノートパソコンよりも少ない電気使用量がほとんどなので月に多くても300円くらいがほとんどです。継続して洗剤を買う費用と手間を考えたら安上がりだと思います。

換気扇をかける場合にはドアを締め切ること、シャンプーや洗面器の底などの水分が残りやすいところの確認も忘れずに行い、余裕があれば水分を拭き取ってしまうとより効果的でしょう。

cc57352987fad9cddb268b03cf7ed07e_s

カビの栄養を排除

カビは発生した後に養分を摂る事で繁殖していきます。このカビの養分と言うものがこちらになります。

・皮脂
・髪の毛
・ピンク汚れ
・石鹸やシャンプー

これらになります。体から洗い落とされた皮脂や髪の毛などの汚れからピンク汚れに石鹸やシャンプーにまで至るのです。お風呂のカビ防止には、これらカビの養分となる存在をきれいさっぱり取り除く事が必須条件です。

ちなみにピンク汚れとはカビ以上に繁殖能力が高い「ロドトルラ」と呼ばれる酵母菌です。カビではありませんが、カビの栄養となる菌なので洗い落とす必要があります。このピンク菌が発生した場所にカビが繁殖するので、ピンク汚れを見たらそこから洗い落とせばカビの発生は防げます。

カビは石鹸やシャンプーに付着した皮脂や髪の毛、垢までも栄養としますので、体を洗った後は必ず洗い流す事を心がけてくださいね。

d92da8accfca2194b414861c5739b029_s


湿気が原因のお風呂のカビ防止のお話はいかがでしたか?カビも生き物ですので、生き物が生存する為に必要なものを遮断してしまえば当たり前のようにカビの発生から繁殖までを防ぐ事が出来ます。

・カビの発生温度
・お風呂の湿気対策
・カビの栄養を排除

これらのポイントを踏まえたうえでカビが発生する条件を片っ端から潰していきましょう。

・温度45℃以上
・湿度60%未満
・カビの栄養を絶つ
・水分を残さず換気

これらが守れれば必ずカビは撃退できますので常に実践していきましょう!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る