ブログ

お風呂のカビに効く洗剤は?

お風呂のカビを退治するためにはカビが発生・繁殖しやすい環境を作らない事です。しかしカビが発生してしまっては取り除く必要があります。このお風呂のカビに効く洗剤をご紹介します。

お風呂に発生するカビは菌である以上、除菌する必要があります。カビにも種類がありますので、カビの性質に合わせた洗剤を用意すると良いでしょう。それではお風呂のカビに効く洗剤がこちらになります。

・次亜鉛素酸ナトリウムを含んだ洗剤
・除菌効果が高いもの
・その他のオススメ洗剤

お風呂のカビ取り用洗剤はたくさんありすぎて選ぶのに頭を悩ませます。どれを選べば良いのかを今回は解説していきたいと思います。

次亜鉛素酸ナトリウムを含んだ洗剤

お店で売られている洗剤の主成分には次亜鉛素酸ナトリウムを含んだものがほとんどとなります。主にハイターなどの漂白剤に使われている成分ですが、お風呂のカビ取り洗剤は一般の漂白剤よりも濃度が濃く効果も高いとされています。この次亜塩素酸ナトリウムが含まれている市販の商品で有名なのがこちらです。

・カビキラー
・泡洗浄ハイター
・強力カビハイター
・カビ取りジェル

次亜塩素酸ナトリウムは殺菌、消毒効果が高く、カビ取り効果が高いと言われる成分だけあって、有名どころの商品名が並んでいますね。これらを使う際の注意として、濃度が高い分、手が荒れやすく肌荒れの元となってしまいます。また、酸性のものを混ぜてしまうと化学反応を起こし有害なガスが発生するために扱いには十分な注意が必要です。

水周りの掃除などによく使われるお酢やクエン酸は酸性なので絶対に混ぜないように注意してくださいね。

5d30c9c03231b06b99f23814cddd5995_s

除菌効果が高いもの

お風呂のカビは結局は菌なのですから、除菌効果の高い洗剤を選ぶのが効果的です。除菌効果の高いものにはどんなものが挙げられるでしょうか?

・エタノール
消毒用としても使われており、殺菌作用がありますが引火の危険性があるので火気厳禁です。
・逆性石鹸
ウェットティッシュや柔軟材などの成分にも使われ、無色無臭の弱酸性の消毒薬としても使われます。

主に消毒薬として使われている成分であるこれらが含まれるものを使用すると良いでしょう。無味無臭のものが多く、揮発性も高い事から水気の多い浴室の掃除などに適しています。エタノールのように引火する恐れのあるものも多いので、取り扱いには注意書きをよく読み慎重に扱ってくださいね。

b4c9d8aaa94c4354eb63e53211df6037_s

その他のオススメ洗剤

これまでにご紹介したお風呂のカビ取り用洗剤とは別にオススメの方法をご紹介したいと思います。

・重曹
・クエン酸
・酢

これら3つを組み合わせたものがカビ取りでの効果が期待できます。これらは水洗いなどの水周りの掃除には活躍してくれます。ちなみに重曹は正式には「炭酸水素ナトリウム」と呼ばれ、別名に「重炭酸ナトリウム」と呼びます。

①クエン酸と酢を水で併せたものを霧吹きなどの容器に入れておきます。
②カビの上に重曹を大目にふりかけます。
③その上からクエン酸と酢の併せた水を吹きかけます。

こうすることで弱アルカリ性の重曹と酸性の酢とクエン酸が化学反応を起こし、カビを浮き上がらせてくれます。浮き上がったカビは古くなったブラシなどで簡単にこすり落とす事ができます。

台所用品で強力なカビ取り洗剤が作れるのでぜひ試してみてくださいね。

31481953f2730841d05fd1f27e658566_s


今回のお風呂のカビ取り洗剤の話はいかがだったでしょうか?しつこいカビやカビ汚れには除菌・殺菌効果が高く、より濃度が高いものが効果的です。

・次亜鉛素酸ナトリウムを含んだ洗剤
・除菌効果が高いもの
・その他のオススメ洗剤

今回ご紹介した中にはガスを発生させるものや引火の危険性があるものも含まれていますので、カビ取り掃除を始める際には成分表や注意書きをよく読んで安全を確かめてから行ってくださいね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る