ブログ

卵は1日何個まで食べて大丈夫?

卵は豊富な栄養素を含み、高タンパク低カロリーの健康食の代表的な食材です。ダイエットにも重宝され、世界中でも食されている卵ですが食べ過ぎてはいけません。それでは卵は一日に何個まで食べて大丈夫なのかを調べてみました。

卵は健康に良い食材として親しまれていますが、その一方でコレステロール値が高く一日一個までと言う言葉も昔から耳にした人もいるはずです。それでは実際には卵は一日に何個まで食べて良いのかを調べてみました。

・卵は一日一個と言うのは嘘?
・一日二個を勧めるキャンペーン

実際のところ、卵はダイエットに適した健康食品なのか、それとも高コレステロールで食べ過ぎると体に悪い食材なのか?今回のお話で検証しようと思います。

卵は一日一個と言うのは嘘?

卵は一日何個まで食べて良いのかと言うお話の前に、そもそも卵が一日一個までと言われた話には100年以上前にロシアでうさぎに卵を食べさせ続けると言う研究が発端でした。卵をうさぎに食べさせ続けた結果、うさぎの血中にコレステロールが増え続けたその研究結果によって
「卵の食べ過ぎはコレステロールが上がり動脈硬化の危険性がある」という風に結論付けられました。

この研究のおかしな点はうさぎは元々が草食動物であり、動物性たんぱく質である卵を食べ続ければ血中コレステロールが増えるのは当たり前の結果です。今でこそ科学が進み、こんなおかしな研究結果が広まることはありませんが、当時の説が根強く残ってしまったことが原因なのです。

卵の栄養素には悪玉コレステロールを減らすレシチン、オレイン酸が含まれており、卵の摂取量と高コレステロールの関係性が無いことは証明されています。したがって、卵の一日の制限数は何個とは決まってはいません。とは言え、食べ過ぎや食事制限などの場合は例外ですので節度を持って食べるように心がけてくださいね。

0913bf3733bc7b8ca2c422eeced8723b_s

一日二個を勧めるキャンペーン

結局のところ卵は一日何個とは決まっておらず、あくまで個人の裁量と言う結果に落ち着きますが、日本卵業協会と言う鶏卵産業に携わる法人団体では適切な卵の量と言うのを掲げております。こちらの団体の説明では、健康な人が一日に二~三個食べてもコレステロールが上がることは無く、
全国鶏卵消費促進協議会では「一日二個を勧めるキャンペーン」を実施しています。

一日の食べられる卵に制限は特に無く、もしたくさん食べるのであれば一日の食事バランスを考えて野菜もたくさん食べることを勧めています。

c98faedd6aae7077e9e4607894a16119_s


今回のお話を掘り下げていくうちに、一日に食べられる卵に何個までと言う制限が無いことが解りました。大昔の研究結果が長い間根付いた影響で卵は高コレステロールで一日に食べられる制限がついてしまったようです。これはまだ医学・科学共に未発達だった昔だからこそまかり通った暴論だったのでしょう。

・卵は一日一個と言うのは嘘?
・一日二個を勧めるキャンペーン

現在は鶏卵の安全な流通を図る団体によって正しい食べ方や効果的な食べ方などを詳しく普及されています。もし、興味が湧いた方は「日卵協」のホームページに目を通してみるのも良いでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る