ブログ

心筋梗塞!!背中が痛いのも症状の一つだと知ってましたか?

心筋梗塞というと、胸を押さえてうずくまるようなシーンを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
胸痛は心筋梗塞の代表的な症状の1つですが、もちろんそれだけではありません。
心筋梗塞は死亡率の高い病気であり、症状を見落とさないで早期に治療に向かえることが生死を分ける鍵になります。心筋梗塞の症状にはどのような症状があるのか、確認していきましょう。

心筋梗塞とは、動脈硬化や血栓によって心臓を栄養している冠動脈(かんどうみゃく)が詰まるために、心臓の筋肉が壊死してしまう病気です。
心筋梗塞を発症すると、そのうち30%は死に至るといわれている恐ろしい病気です。
死亡例のほとんどは発症から24時間以内に起こっており、いかに早く発見、治療ができるかが分かれ目となっています。早期発見のためには症状を理解しておくことがかかせません。

それでは、心筋梗塞の症状にはどのようなものがあるのか、ご紹介していきます。

62b4941a7f09aac315b7937f2a0b8180_s

30分以上続く胸痛

心筋梗塞の胸痛には、「30分以上続き、安静にしても改善しない」という特徴があります。胸痛は「胸部絞扼感」と表現され、胸が締め付けられ、息が詰まるような痛みといわれています。

心筋梗塞とよく比較される病気に狭心症というものがあります。
これは、冠動脈の血流が一時的に悪化している状態で、心筋が壊死しているわけではありません。共通の持続時間は長くても15分程度であり、また安静にすることで痛みが落ち着くという点で、心筋梗塞とは区別されます。

また、胸痛以外にも背中や肩に痛みが現れることがあります。
これを「放散痛」あるいは「関連痛」といいます。神経は、中枢に向かうにつれて近くの神経と集合した束になっていきます。心臓の神経は、背中や肩、顎を走る神経と一緒になって脳に向かうため、脳がどこからきた信号かを区別できないために起こる現象です。

胸の痛みよりも放散痛を強く感じることもあり、心筋梗塞を見落とさないためには周辺の痛みも重要なポイントになります。

動悸、冷や汗

心筋が壊死すると、心臓のポンプの力が弱くなるので、身体を循環する血液の量が減少します。
すると、血圧を上げようとして、自律神経のうち交感神経が働くようになります。心臓が機能しなくなった分、血管を収縮させて血圧を上げることで、血流を保とうとするのです。

交感神経は、「戦闘態勢の神経」と呼ばれており、身体を興奮状態にさせます。
緊張している時の身体の状況を想像してみてください。その時働いているのが交感神経です。交感神経が活性化した結果として、血管収縮の他、心拍数の増加、呼吸数の増加、発汗過多、瞳孔の拡大などの症状が現れます。

吐き気、嘔吐

心臓の下部には、迷走神経という神経が走行しています。迷走神経は、自律神経のうち「リラックスの神経」と呼ばれる副交感神経のひとつであり、胃や腸などの消化管の運動をコントロールしたり、血管を拡張させるときに働きます。
心筋梗塞が起こると、この迷走神経が刺激を受けることになります。
血管が拡張すると、血流は滞るようになってしまいます。脳に届く血液が減少すると、吐き気をもよおすようになります。また、消化管が活性化してしまうことでも、吐き気や嘔吐を引き起こします。


まとめると、心筋梗塞の症状は以下のようになります。

心筋梗塞(症状)

通常、自律神経は片方が活性化している時にもう一方は働きが弱くなるものですが、心筋梗塞のような非常事態が生じると、自律神経のバランスが乱れて、どちらも刺激を受けてしまう結果、このように様々な症状がみられるようになるのです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る