ブログ

卵白身、黄身それぞれの栄養素はどれくらいある?

様々な料理の食材として人気もあり、動物性たんぱく質としても栄養価の高い卵ですが、栄養素として考えたら白身と黄身ではどちらがどのくらいあるのでしょうか?それぞれを調べてみる事にしました。

卵に含まれる栄養素は食物繊維とビタミンC以外の全てが含まれてると言われ、白身と黄身の内訳はどのくらいになるのかを調べたいと思います。

・白身の栄養素
・黄身の栄養素

一体それぞれに含まれる栄養素はどれくらいになるのでしょうか?

白身の栄養素

7cd6ec4ef1ab297b34720eb191fb75ec_s

ダイエットや食事制限などで体脂肪を絞りたい人やボクサーなどの体重制限がある人達は卵の白身だけを食べている姿を見受けられます。
これは卵に含まれる栄養素の中の脂質が白身には含まれず、黄身に集中しているからだと説明されています。それでは白身部分である卵白にはどのような栄養素があるのかをLサイズの卵一個分で調べてみました。

白身に含まれるカロリーと三大栄養素
・エネルギー18kcal
・たんぱく質3.99g
・脂質0g
・炭水化物0.15g

Lサイズの卵一個分の重さは64~70gと言われていますので、仮に70gで考えると、そのうちの卵白の割合約38gに含まれる栄養素はこのようになります。見事なまでに脂質が0です。これならダイエットや体脂肪を増やしたくない人達に重宝されるのも解りますね。

ちなみに卵を割ると白い筋みたいなのが出てきますが、あれはカラザと言うもので卵白の一種です。このカラザを取り除く人は多いのですが、カラザにこそ栄養素が豊富に含まれています。上記の栄養素はもちろんのこと、「シアル酸」と言うウイルスや最近などに負けないために免疫力を高める成分を含んでいるのです。

白身には余計な脂質が一切入っておらず、シアル酸と言う体の免疫力を高める成分が含まれていると言うことが解りました。

黄身の栄養素

fa7aa659c117fd41a55a39757f10d717_s

白身に続いて黄身の栄養素を調べてみましょう。卵の栄養素のうち白身には脂質が一切入っておらず、黄身に集中しています。
これだけ聞くとコレステロールの塊のようにも聞こえますが、実際はどうなのでしょうか?Lサイズの卵70g中の黄身の割合は17gと言われます。それでは17gの黄身の中に含まれる栄養素はどれくらいでしょうか?

黄身に含まれるカロリーと三大栄養素
・エネルギー66kcal
・たんぱく質2.81g
・脂質5.7g
・炭水化物0.02g

以上の結果になりました。白身が脂質0のダイエット食品とするならば、黄身は体力をつけるためのエネルギー食品と言ったところでしょうか。エネルギーと脂質は圧倒的に黄身と言う結果になりました。


今回はLサイズの卵一個分に含まれる栄養素を白身と黄身で分けてみましたが、栄養素がそれぞれ対照的に分かれていましたね。

・白身の栄養素
・黄身の栄養素

体を作る白身とエネルギーを燃やす黄身と言う感じでそれぞれが栄養素を分担してるようにも見えました。食事制限などが必要な際の食事をする時は、このことを頭に入れておくと良いでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る