ブログ

静電気が起きやすい体質と原因は!?対策や改善法は!?

日常生活の中で急に起きる「ビリッ!」と感じる静電気。誰しも経験がありますよね?
とても嫌な気分になりますが、そういう体質だからということで深く原因を考えこともないか方が多いかもしれません。
対策をとることで防止できたり改善したりしますが、しっかりされている方はあまりいないように思います。

ちなみに静電気は簡単に発生させる事も可能です。
下敷きで擦って髪の毛を浮かす遊びをやった事がある人も居るのではないでしょうか?

あれが解かりやすい静電気ですね。

そもそも静電気は布や化学繊維が擦れて摩擦を生み出した結果、帯電されて発生するものなんです。帯電された物体はゴミやチリ等を吸い寄せ、埃の元にもなるので清掃の際にはとても迷惑な存在です。
また、身体に帯電された静電気は酷い時には火花が出たり、最悪火傷をする事態にもなりかねません。

そんな静電気は、体質とも関係してくるって言うのを知ってましたか?

この静電気と体質の関係性を解明していけば、唐突な静電気に脅かされる事もなく日常生活で気にする事も減るはずです。

それでは、体質や原因、対策・改善法を一つずつ見ていきましょう。

静電気がおきやすい体質とその原因

静電気がおきやすい体質ってどういったものでしょうか?

金属なんかに触れて「バチッ!」となる人とそうでない人が居ます。
それでは、なる人とそうでない人の違いは何でしょう?

夏場のように空気中に湿気が多く含まれていると静電気が逃げやすくなります。なので夏場に静電気を感じる人はほぼいません。
つまり静電気を感じる人ほど「帯電体質」と言う事になるのです。

でもこの静電気がおきやすい帯電体質って改善できるのか?凄く気になるところですよね。
生活習慣?食べ物?環境?一体どれが原因なのでしょうか?

ズバリそれら全てと言えます。

静電気体質の人に見受けられる特徴として乾燥肌の人や、生活習慣が乱れている人が当てはまります。

では、乾燥肌にならない為に肌に潤いを保てばそれで静電気は防げるのでしょうか?生活習慣を正す、規則正しく食生活を修正させれば帯電体質から改善されるのか?

これには>肌の保湿体内の弱アルカリ性を保ちつつ酸化を防ぐ事が関わっています。

何故、この2つが静電気体質に関係するのか?
生活習慣が乱れている事が静電気と関係するのか?

その根拠と理由は一体何なのでしょうか?


水分不足による乾燥肌は静電気の素

常日頃から動く必要がある人間の体の表面は電気が必ず帯びているものです。
その電気は空気中や肌の表面の水分を通して放電される為に散らされていきます。

つまりその逆の、乾燥した状態になると放電される事なく身体に帯電された状態で静電気が発生してしまうのです。

と、言う事は静電気がおこりやすい体質の人は乾燥肌である確率が高いと言う事になります。

乾燥肌だと思う人は、常に皮膚に潤いを保ち充分な保湿を心がける事が必要と言う事ですね。
静電気がおこりやすいと自覚してる方は、肌のお手入れも大事だという事ですね。

既に行っている人は、今自分が使っているローションやクリームなどのアイテムが自身の体質にあっているかどうか、今一度確認してみてはどうでしょうか?

静電気1

静電気体質との関係、生活習慣や食生活との関連性

生活習慣や食生活が静電気体質との関わりって意外にあるんですよ。

乾燥肌の人は帯電しやすいと言う理由には、肌の表面に充分な潤いがないと言う事ですが、それってつまり、汗をかきにくい体質の人も当てはまるのではないでしょうか?

また、運動不足の人や食生活が乱れていたり不規則な生活を送り続けるとどういう事になるか?
体中の血液が濁り、自律神経に異常をきたしてしまう事に見舞われたりもします。

一般的には「肩こり」「冷え性」 等の症状が見受けられるようになります。
その結果、新陳代謝が起こりにくくなり、汗もかきにくくなり、結果的に静電気体質になってしまいます。

また、体中の血液が濁るという事は体が酸化して行き、身体のイオンバランスが乱れてしまい、身体の中のマイナスイオンが逃げていくと言う事に。

逃げた分のマイナスイオンを取り戻そうと、身体が体外から電気を呼び寄せる事となり静電気を発生させると言う事に繋がっていきます。

不規則な生活が、知らず知らずのうちに帯電体質を作り上げていく結果になってしまうのです。
静電気体質を防ぐには、まず生活習慣を改め、食生活の見直しをして身体のめぐりを良くする事が大事だと言う事ですね。

身体の酸化を防ぐには弱アルカリ性を保てるもの、「カルシウム」「ナトリウム」と言ったものを摂取するのが良いでしょう。
ゴマや大豆、牛乳やにぼしと言ったものやサプリメント等で賄うのも静電気体質の予防に役立ちます。

また、タバコやお酒、ストレス等も身体のめぐりを悪くする原因となるので注意しましょう。

静電気2


静電気体質にはちゃんとした理由があり、決して防げないものではありません。
帯電された電気を放出する為に必要な対策と予防を行っておけば、悩まされる事などは無いのです。

身体に静電気が帯電されやすくなる乾燥肌を防ぎ、規則正しい生活を送り食事を見直していけば、必ずや静電気体質は改善されていきます。

・乾燥肌にならない為の肌の保湿
・体内の酸化を防ぎ弱アルカリ性を保つ生活習慣と食生活を身に付ける

以上を心がけるだけでだいぶ変わってくるはずです。

私も以前は帯電体質に悩まされ、皆さんに静電気体質の予防と対策をお伝えした上で過去の自分がいかに不規則な生活を送っていたかを思い知らされました(笑)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る