ブログ

プロテインは種類によって使い分け!

筋肉を鍛える為の手段として飲まれるプロテインですが、市場に出回っているものには種類があります。目的や効果は様々で体を鍛える為、ダイエット効果を上げる為、体力が落ち込んだ時の栄養補給としてなど色々なものが存在します。そのプロテイン毎の種類と違いについてお話しましょう。

現在ほとんどのプロテインの主成分はたんぱく質とアミノ酸です。たんぱく質は脂肪を燃やしてエネルギーに変える為の栄養素であり、体内でたんぱく質を分解してアミノ酸に変えるものでもあります。そのアミノ酸は体の活動を行う為に必要な栄養素で、食事だけでは十分に補えない栄養素でもあります。

・3種類あるプロテイン
・目的別プロテインの使い分け

プロテインは大まかに分けて3種類あり、筋肉をつけたい人、ダイエットや美容効果を期待する人、食事では補えない栄養を摂りたい人と大雑把に説明するとこうなります。それでは3種類のプロテインについての説明を次からしていきましょう!

3種類あるプロテイン

ホエイ

牛乳を原料とした一般的なプロテイン

カゼイン

ホエイと同じく牛乳を原料とし、消化までに時間がかかる

ソイ

大豆を原料としており美容目的で飲まれる事が多い

プロテインは以上の3種に分けられます。一般的にプロテインとされているホエイのホエイとは、牛乳の上澄みの事をそう呼び、その名の通り牛乳に含まれるたんぱく質が豊富でとりあえず筋肉をつけたいと言う人が筋トレ直後に飲んでいます。味の方も他の二つに比べて美味しく飲みやすいものが多いのも特長です。

次にカゼインになりますが、原料の牛乳は同じですが製法が違う為に固まりやすく、消化時間がやや遅い為に効果持続時間は長めになっています。長時間の効果を活かし、睡眠前や食事前、間食などに飲んで栄養補給や腹持ちをさせるなどと言った飲み方も出来ます。

最後のソイは大豆が原料で3種の中で一番粉っぽく溶けにくくて飲みづらい、味が一番劣ると言う難点も多いですが、味に関して言えば逆を返せば無添加で脂肪や糖質と言った一切の余分なものが無いと捉える事も出来ます。最近では味が改良されたものも出ています。

それぞれのプロテインには一長一短ありますので使い分けの工夫をすると良いでしょう。

229813

目的別プロテインの使い分け

ホエイ、カゼイン、ソイと3種ある中から選ぶ訳ですが、初心者にオススメなのは飲みやすく胃腸に優しいホエイでしょう。とにかく鍛えたいと言う人は何も考えずホエイを選んでおけば問題ないと思われます。難点と言えばプロテインの中ではやや値段が高めという事でしょうか。ただ、最近はプロテインを2種類以上混ぜた物も販売されていますので、目的を具体的にしておくと良いでしょう。

腹持ちの良いカゼインはダイエット時のプロテインとしては3種の中で適しているとも言えます。ダイエットやトレーニングの休息日などの長時間持続を利用しての栄養補給にも最適です。

ソイは3種類の中で一番飲みにくいプロテインで初心者には抵抗があるかもしれませんが、そう言う場合は飲みやすいものを選ぶと良いでしょう。ただし、その場合は大豆のたんぱく質だけでなく他の栄養素も含まれる事になるので純粋にたんぱく質だけを摂りたいと言う人は良く調べる方が良いですね。大豆を使ったソイダイエットと言う言葉もある程に大豆は美容と健康に良いとされており、それらを目的としてソイプロテインを飲む人も居ます。

筋肉:ホエイ>カゼイン>ソイ
ダイエット:>カゼイン>ソイ>ホエイ
美容:ソイ>ホエイ>カゼイン
味:ホエイ>カゼイン>ソイ
価格:ソイ>カゼイン>ホエイ

成分効果や個人的な感想を上にまとめてみました。左へ行くほどオススメになります。純粋に鍛える為ならホエイ、ダイエット目的ならカゼイン、美容とコスパで言えばソイと言った感じですね。ちなみにホエイの由来となる牛乳の上澄み部分の液体には美白効果もあり、美容ブームでちょっとした話題になる事もありました。

最近では価格や内容に改良が加えられたものもあり、ブレンドされたプロテインも数多く販売されています。一概にはコレ!と決めつけられるものでも無くなってきていますので、自分の環境に合わせたプロテイン選びをしてくださいね。

d5843be17ae49c25e522c3c10c71a66f_s


プロテインの種類は3種類あり、それぞれに効果や違いがあると言う話はいかがだったでしょうか?今回はその違いを説明していく上で自分が何を必要としているのかが解ったのではないでしょうか。

・3種類あるプロテイン
・目的別プロテインの使い分け

開発が進んでいくうちに新たな発見や改良がされて、今までのプロテインの認識と違うものもこれから出てくると思われます。目的別に選ぶのは当然ですが、無理なく自分に合ったものを選び試してみてくださいね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る