ブログ

ノロウイルスが完治するまでにどれくらいかかるか?

世界的に流行した食中毒ウイルスであるノロウイルス。潜伏期間も含め発症まで1~2日かかると言われています。感染力が高く、一度発症したら二次感染の危険性もあるこのノロウイルスですが、完治するまでにどれくらいかかるのでしょうか?

ノロウイルスは感染すると1~2日ほどで発症します。その後は吐き気、下痢、嘔吐、腹痛などの症状が現れ、個人差はありますが2~3日ほどで症状が治まり回復期に入り、感染からおよそ一週間から10日ほどで完治すると言われています。

・感染から回復までの期間
・感染から完治までの対応は?

今回はノロウイルスが感染から完治までの期間についてお話したいと思います。ノロウイルスは流行する食中毒ですので、もし感染してしまっても、これからするお話を参考にしていただければと思います。

感染から回復までの期間

ノロウイルスは感染から1~2日ほどの潜伏期間を経て、風邪に似た症状が現れる食中毒です。それから2~3日ほどでウイルスの感染力が低下して行き、回復期に入っていきます。一般的には一週間から10日ほどで完治しますが、免疫力や抵抗力が低い幼児や高齢者は2週間以上も続く事があります。

ノロウイルスには感染から回復までに4つの段階を踏みます。感染、潜伏期、発症、回復期、このように分けられます。

感染確率は発症時が一番高く、ノロウイルスの症状が見られない潜伏期が感染確率が一番低く、ウイルスの感染力が低下していく回復期が次に感染確率が低くなります。ウイルスを多く体内に保有してる状態が一番感染率が高くなるので、感染していると判明したら二次感染を避ける為に、人から避け、安静にしている事が重要です。

感染から発症までが10時間ほどの人も居れば、前述のように回復までに2週間を要する人も居ます。また、回復期に入ったからと言っても、感染の危険性は完全に無くなった訳ではないので油断は禁物です。体内のウイルスの保有期間を短縮させる手段として、乳酸菌を摂取して胃腸の働きを活性化させると言う方法もあります。

このようにノロウイルスの一般的な回復期に入ったとしても、素人判断で完治したと思い込むのは危険です。症状が収まっても医者の診断結果による証明が必要です。たとえ体調が回復したと言っても、仕事や学校に復帰するのは医者の判断を仰ぎ、本当の意味で完治してからにしましょう。

a33f6c34e00887f42a9b2f881c1d17b3_s

廣貫堂 経口補水液 500ml×24本【楽天24】【あす楽対応】【ケース販売】[廣貫堂 経口補水液]【HOF01】【rank_revew】

価格:2,706円
(2016/12/27 10:02時点)
感想(41件)

感染から完治までの対応は?

ノロウイルスは感染、潜伏、発症、回復と4つの段階を踏み、一週間、長くとも10日~20日の間には完治すると言われています。しかし、ノロウイルスはとても感染力の高いウイルスです。ウイルスの保有期間は常に感染のリスクを背負わなければいけません。

少しでも体内にノロウイルスが残っている限り、完治したとは言えないでしょう。残念ながらノロウイルスに効く特効薬も内服薬は、現在でも存在しません。二次感染しない為に人を避け、安静にしている必要があります。その為にも感染または感染の疑いがある場合は医者の診断を受けておくと良いでしょう。

また、前述のようにウイルスの保有期間を短縮させる効果のある、胃腸に作用する乳酸菌を摂取して消化器官を整えるのも効果的です。食中毒の症状である下痢や嘔吐による脱水症状も懸念されるので、水分も適度に取っておくと良いでしょう。電解質を含むイオン水などは代謝を促進する効果もあるのでオススメです。

ノロウイルスに感染もしくは流行時期には、二次感染を防ぐ為に手袋やマスクなどで感染経路である経口感染を予防し、消毒などは徹底しましょう。また、感染時の排泄行為はウイルスを排出しているという事ですので、処理にも充分注意を配ってください。赤ちゃんなどの幼児に下痢の症状が見られた場合はオムツの交換には特に気を配りましょう。

ノロウイルスにはインフルエンザなどのような、出勤停止期間や学校感染症などの法律は定められていません。ですが、ノロウイルスの脅威は世界的に知られている所なので、会社や学校によっては出勤や登校の停止期間を設けられている所もあります。感染した場合には二次感染を防ぐ為にも確認をしておいた方が良いかも知れません。

c55df1f652192ef91f53b4fab80601fb_s


ノロウイルスは世界中で話題となった食中毒を引き起こすウイルスです。ノロウイルスは感染から発症までの1週間ないし、2週間は人を避けて安静にして完治させる必要があります。回復期にも感染の恐れがあるので、必ず医者に見てもらうべきでしょう。

・感染から回復までの期間
・感染から完治までの対応は?

ノロウイルスには特効薬は存在しません。下痢の症状を伴うからと言って下痢止めの薬を服用すると、ウイルスが体外に排出されず保有期間を延ばしてしまう事にもなります。脱水症状を起こさない為に、適度な水分補給や点滴などの栄養補給による、体力の低下を防ぐ事が大切です。完全に医者が完治したと診断を出すまでは清潔を保ち、二次感染を防ぐ為の対策を行う事が必要でしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る