ブログ

ノロウイルスに家族がかかったら?消毒方法はコレ!!

ノロウイルスというと感染力が高く、感染した方が嘔吐や下痢をした場合に正しく消毒を行わないと、二次感染する恐れが高いというのは多くの方がメディアなどから知識を得ています。
しかし、実際に家族の誰かがノロウイルスにかかったという場合、どうやって嘔吐や下痢を処理したらよいのか、消毒方法などもわからず、適当に処理をしてしまい、結果、家族全員が感染してしまって大変な経験をした、といった家庭も少なくありません。

ノロウイルスはアルコールの効かないウイルスなので、家庭で有効な消毒方法は、加熱処理による消毒と塩素系漂白剤(衣類用)を使った消毒液による消毒になります。
子どもや家族の誰かがノロウイルスの影響で嘔吐・下痢をした場合、家庭で出来る消毒方法についてお話しをしましょう。

塩素系漂白剤を使った消毒液

5d30c9c03231b06b99f23814cddd5995_s
家庭でのノロウイルスの消毒方法として有効なのは加熱処理による消毒と塩素系漂白剤(衣類用)を使った消毒液による消毒方法の2つです。良く行われる消毒方法としてアルコール消毒がありますが、ノロウイルスはアルコールの効かないウイルスなのでアルコールによる消毒方法の効果はほとんどないと考えてよいでしょう。

有効である次亜塩素酸ナトリウムを含む塩素系漂白剤を使用し、用途によって濃度の違う消毒液を作り、使い分けるのがおすすめです。
嘔吐や下痢などをした場合はその中にはノロウイルスがたくさん含まれている可能性が高いので濃度の濃い消毒液を使用し、その他、家の掃除に使用する時はドアノブなどさびる危険性があるので濃度の薄い消毒液で対応します。

消毒液の作り方と使用方法

まずは塩素系漂白剤と2リットルのペットボトルを2本用意しましょう。1本は周辺の掃除用の薄めの消毒液、もう1本は嘔吐・下痢などの処理に使用する濃い目の消毒液です。
薄い消毒液、濃い消毒液のどちらか間違えないよう、わかるようにペットボトルにサインペンなどで大きく書いておきましょう。誤って飲むことの無いように記載しておくことも大切です。

■薄めの消毒液
最初にペットボトルに半分ほど水を入れ、キャップ2杯分の塩素系漂白剤を入れ、良く混ぜた後、ほぼいっぱいになるまでお水を加えたらでき上がりです。

(使用方法)
普段の掃除をした後に、家族が使用するドアノブや手すり、その他気になるところをこの消毒液で2度拭きをしておきましょう。トイレなどは便が付いていないところなども丁寧に掃除することが大切です。

■濃い目の消毒液
同じくペットボトルに半分水を入れ、キャップ8杯分の塩素系漂白剤を入れ良く混ぜた後、ほぼいっぱいになりまでお水を加えます。

(使用方法)
嘔吐・下痢を処理する時に使用します。汚れて捨てても構わない服装に着替え、マスクとゴム手袋をしましょう。捨てても良い雑巾、キッチンペーパー、ゴミ袋、新聞紙などを用意します。まず窓を開けて換気します。床に嘔吐や下痢などを新聞紙やキッチンペーパーで拭き、袋に入れます。

袋に入れた後は消毒液を掛けてから捨てましょう。その後床やその周辺に消毒液を使用して良く拭きましょう。

嘔吐や下痢などは広範囲に飛び散っている場合があるので心配な場合はできるだけ広範囲まで、掃除をしておくと安心です。
嘔吐・下痢が付いた洋服や下着、掃除をした後の雑巾や服などはできるだけ洗濯するよりも処分してしまったほうが安心です。

どうしても洗濯する場合は、付着物を新聞やキッチンペーパーなどで良く拭き取った後、消毒液にしばらく洗濯物を浸して、可能であれば煮沸消毒をしてから洗濯しましょう。

加熱処理が可能なものは?

cf3d8a2766940a850f3b80b2dbeb1f64_s
家族に感染者が出た場合、食べた食器などを洗う時は加熱処理が有効です。
食器を洗った後、熱湯をかけ、まな板なども使用した後は良く洗った後、熱湯をかけると良いでしょう。ふきんやタオルなどは使用後お鍋で煮沸消毒すると安心です。


ノロウイルスの消毒というのはとても大変ですが、しっかりと行い、2次感染を防ぐことが大切です。手洗い・うがいもこまめに行い、免疫力が低下しないよう疲れすぎないようにするなど家族で助け合ってノロウイルスから身を守りましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る