ブログ

睡眠と照明の関係は?

夜眠る時には部屋を暗くして布団に入る人がほとんどだとは思いますが、中には明かりを点けていないと眠れないと言う人もいるはずです。「睡眠時は照明を消して暗くして寝るものだ」と言う人も居れば、「明かりを点けてないと落ち着いて眠れない」と言うように様々だと思われます。実際の所、睡眠と照明は関係あるのでしょうか?

暗くした方が落ち着いて眠れると言う人も居れば、明るくないと落ち着いて眠れないと言う人も居ます。好みは人のそれぞれですが、医学的見地で言えば、睡眠において光や照明は悪影響を及ぼすと言われています。何故、単純に眩しいと言う理由以外に睡眠を光や照明が阻害されるのか?本当に光は睡眠にとって害悪なのか?結論は以下にあります。

・強い照明が睡眠ホルモンの分泌を阻害する
・本当に暗闇だと熟睡できるの?

深い睡眠、質の良い睡眠を得る為には自律神経を整え、規則正しい生活リズムを刻むことが必須条件です。その為に室内環境にも気を配るのも大事です。睡眠と光(照明)の関係についてご説明いたします。


強い照明が睡眠ホルモンの分泌を阻害する

人間の脳には眠気を引き出す「メラトニン」と呼ばれる「睡眠ホルモン」を分泌する「松果体」と言う部位があります。この睡眠ホルモンは光を浴びる事で分泌が抑えられ、睡眠を抑制します。逆に言えば、光を当てなければ睡眠ホルモンが分泌されて眠気を催すと言う事になります。日中に眠くならないのは、目を通して光の情報が脳に伝わり、自律神経を通して睡眠ホルモンの分泌を抑えているのです。制御された睡眠ホルモンは15時間前後で再び分泌を開始し、睡眠に入ると言う流れになります。

睡眠前に照明などの強い光を浴びてしまうと、睡眠ホルモンが分泌されずに脳が覚醒された状態が続き、不眠症などの症状に陥る事もあります。現代病とも職業病とも言われる「VDT症候群」と言う症状は、パソコンのディスプレイや須磨穂の画面から照射されるブルーライトなどの光が原因で発症する症状です。人は光が無ければ生活は出来ませんが、必要以上に強い光を浴びてしまえば体に悪影響を及ぼす事になります。

睡眠の前にはあまり明るい場所に留まらず、直前にはスマホなどの使用で極力光を浴びない様にする事で、快適な睡眠、安眠を送る事が出来ます。

c08ffbed03434c8314f6e5e8c64794ae_s

本当に暗闇だと熟睡できるの?

睡眠前に光(照明)などを浴びると、快眠の妨げになる事はご説明しましたが、冒頭でもお話したように、中には明かりを点けていないと眠れないと言う人も居ます。医学的に見ても暗闇で睡眠を取る事が、最も適した睡眠環境と言う結論が出ていますが、人によってはそうと決まった訳ではないようです。ではそう言う人にはどうするべきか考えてみました。光の強さの単位「ルクス」と呼びますが、メラトニンの分泌を抑える強さは2500ルクス以上と言われます。強さは面積にもよりますが、ちょっとした会場の照明程度の明かりになります。

イメージをするとそこまで強い光を浴びる事はそうそう無さそうですが、300ルクス程度の光でも長時間浴び続ければメラトニンの分泌量が抑えられると言う報告もあります。それを踏まえてベストと言うべき明るさは、月明かりや豆電球程度の光と言えるでしょう。完全な暗闇とは言えず、薄暗さを感じる程度の光が、暗闇では寝付けないと言う人には最適な明かりと言えます。
部屋の電気を点けたままでも数値上では影響の無いものと思われますが、前述のとおり長時間の照射は影響を及ぼします。そして、距離が近ければ近いほどにその影響は強くなります。

睡眠には暗闇が最適な睡眠環境ではありますが、多少の光が欲しいと言う場合は光源から少し離れて薄暗さを残す程度で寝ると良いでしょう。


良い睡眠環境とは、照明などの強い光を排除した状況と言う事を今回のお話でお解かりいただけたと思います。しかしながら、中には明るい方が寝付きやすいと言う人が居る事も事実です。

・強い照明が睡眠ホルモンの分泌を阻害する
・本当に暗闇だと熟睡できるの?

暗闇の方が眠りにつきやすいと言うのは生理現象上正しい事なのですが、睡眠にはリラックスした状態で望むのが一番です。たとえ最適な睡眠環境だとしても、その人にとって不安やストレスになるような事であれば、それだけで睡眠環境が悪いと言う事になります。ストレスや不安は自律神経を刺激し、睡眠の障害となる要素です。リラックスした状況を作るのも快適な睡眠環境と言えるでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る