ブログ

睡眠と体内時計の関係は?

朝になれば起き、空腹になれば食事をし、夜眠くなれば睡眠を取る。この生活リズムを作り出しているのが体内時計と呼ばれるものです。このように人間は1日周期でリズムを刻み、意識せずに活動時間と休息時間のオンオフが出来ます。時計を見なくとも大体の時間間隔が測れるのも体内時計が作用している事と関係しています。そして人が睡眠を取ると言うのは体内時計が作用している事が関係しているからです。それでは、睡眠と体内時計の関係についてお話しましょう。

睡眠と言う人間の生理現象は、体内時計により管理されています。この一般的に体内時計と呼ばれるものは、1日のおよそ25時間周期で変動する生理現象の事で、正式には「概日リズム」または、「サーカディアンリズム」と呼ばれます。24時間じゃないのと思われた方もいると思いますが、それは次の章でお話しますね。
また、概日リズム、つまり体内時計が乱れてしまえば、生活リズムも崩れてしまい様々な影響が出てきます。睡眠時に目を覚ます、寝つきが悪い、目覚めが悪いなどは体内時計が乱れているのが原因です。

・人体の体内時計を管理する視交叉上核
・メラトニンの働きが睡眠に関わる体内時計を調節する

これらが睡眠と体内時計の関係性を説明する理由になります。何が原因で生活リズムが崩れるのか?生活リズムを安定させ、睡眠に支障の出ないように体内時計を保つ為にはどうすべきかをご説明します。


人体の体内時計を管理する視交叉上核

夜になると休息を取る為に睡眠を取ろうとするのは体内時計が働いているからです。この体内時計が狂えば、生活リズムも狂い睡眠などに影響してきます。体内時計は体のほぼ全ての部位に存在しており、主に脳の体内時計、「視交叉上核」から様々な生体リズムを刻むように命令が送られてきます。この脳からの命令が狂ってしまえば、体全体の体内時計が狂ってしまい、正常なリズムを刻めなくなるのです。
リズムが狂った状態でいれば、睡眠を取ると言う生理現象にも異常が出始め、遂には睡眠障害が起こりうる事もありえるのです。これは「概日リズム睡眠障害」と呼ばれる症状です。夜、睡眠を取り、朝起きる事で体内時計がリセットされる事で再びリズムを刻み始めます。体内時計は外から受ける光に反応し、機能する性質を持っています。そして、受けた光を一番最初に認識する場所が、全ての体内時計を管理している、脳にある視交叉上核になります。
前にも書いたように体内時計と言うものは、25時間で刻まれています。視交叉上核は太陽光のような強い光を受けると反応する性質を持つ為、朝起きて日光を浴びる事で体内時計が24時間刻みにリセットされる仕組みになっています。

人体全ての体内時計に命令を送る視交叉上核は光を受けて体内時計をリセットさせます。これはつまり、目に受ける光の影響で体内時計が狂う恐れもあると言う事なのです。スマホやパソコンの長時間使用によるVDT症候群と言う症状もディスプレイから放たれるブルーライトが体内時計を狂わせているのが原因です。
睡眠を取る前に、少しのつもりでスマホを触っていたら不眠の原因になっていた、なんて事も大いにありえるので、就寝前は極力使用は控えましょう。そして毎朝日光を浴びる事を心がける事が体内時計を安定させる秘訣です。日光を受ける為とは言え、顔面に強烈な朝日を受けるのは逆効果なのでご注意ください。

62527b5ae13f95a1b7d043be0ec14a0f_s

メラトニンの働きが睡眠に関わる体内時計を調節する

睡眠は体内時計が正常に働いている事で訪れる生理現象です。この睡眠を引き起こすのがメラトニンと呼ばれるホルモンです。このメラトニンと呼ばれるものは、脳にある「松果体」と呼ばれる部分から分泌されます。夜、眠気が襲うのは分泌された、このメラトニンの働きによるものです。朝は視交叉上核が日光を受け止め、体内時計を作動させ、メラトニンの分泌を止めるように信号を出します。
メラトニンは15時間前後で信号が送られて、再び分泌を始めます。このメラトニンには抗酸化作用があり、その性質で新陳代謝を促し、疲労回復や美容、病気の予防などの働きがあり、睡眠中の代謝機能に大きな影響を及ぼします。メラトニンは光を受ける事で調節される為に、夜中でも強い光を浴び続けると正常に分泌されず、睡眠のリズムが崩れ、睡眠障害に陥りやすくなります。
年を取る毎にこのメラトニンは減少していく傾向にあり、加齢と共に睡眠時間が短くなり、断続的な睡眠が増えるのはその為です。
メラトニンには「セロトニン」と言う物質が材料となって生成される為、睡眠を取るには、このセロトニンを増やすように心がけるのが良いでしょう。セロトニンは、しっかりと睡眠を取って太陽光を浴び、正常な体内時計を保つ事で、生活リズムを規則正しい物にする事で増やす事が出来ます。

ae10915e248ef3ecd1c799bc8cf3ecb5_s


睡眠は脳にある視交叉上核からの信号で体内時計に命令を送られる事で正常に行われるものです。脳の体内時計である視交叉上核がしっかりと光を受け、体内時計をリセットさせる事で正常なリズムを刻む事が規則正しい生活を送る事に繋がって行きます。

・人体の体内時計を管理する視交叉上核
・メラトニンの働きが睡眠に関わる体内時計を調節する

生理現象である睡眠は脳の体内時計に管理されており、睡眠に必要なホルモンは体の体内時計の働きによって生み出され、結果的に睡眠に繋がっていくと言う事になります。子どもが親によく言われるであろう朝日を浴びる、夜はしっかり寝ると言う言葉には、医学的にちゃんとした根拠がある訳ですね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る