ブログ

ぐっすり眠るための運動とは?

運動で汗を流すと気持ちよく寝られると言いますが、運動なら何でも良いと言う訳ではありません。効率良く、質の高い睡眠を取るのに適した運動と言うもの行わなければ、寝つきが悪くなってしまう場合もあるのです。それでは快適な睡眠を送る為の運動とはどう言ったものなのでしょう?

体を動かす事で新陳代謝を上げる事により、質の高い睡眠を得る事が出来ます。より良い睡眠を送る為の効率の良い運動をする事が重要です。それでは、睡眠に良い運動とはどう言うものかポイントを挙げて行きます。

・体の筋肉をほぐし血行を良くする
・自律神経を向上させる有酸素運動

これらの効果が見られる運動は、快適な睡眠を送る為の重要なポイントです。それではこれから、睡眠の質を上げる運動の仕方をご説明して行きます。

体の筋肉をほぐし血行を良くする

血行を良くすると体温が上がり、血管が広がり血流が良くなります。体中に血液が回るとそれぞれの器官が活性化し、代謝を上げることが出来ます。この代謝を上げると言う事はエネルギーの燃焼を上げると言う事ですので、いかにエネルギーを効率良く上げるかが代謝を高める事に繋がります。睡眠を阻害する原因の1つに不規則な生活や体内時計の乱れによるものです。代謝を上げる事が体内時計を整え、健全な体を作り生活リズムを整える事になっていくのです。その為の運動の1つとしてストレッチやヨガなどが挙げられます。ストレッチは固まった筋肉をほぐし、血行を良くする事で副交感神経を程よく刺激し安眠を引き出してくれます。この副交感神経と言うのは自律神経の1つで、睡眠中や休息を取っている時に働き、体に溜まった疲労やダメージを修復する役割を持っています。つまり、この副交感神経を働かせる事が質の高い睡眠を引き出すポイントなのです。デスクワークなどで同じ姿勢を保ち続けると、特定の部分だけに負担をかけ続ける事になり、血液循環が上手く行われずに疲労が溜まりやすい原因にもなります。ストレッチやヨガなどの柔軟体操や独特のポージングは、体の普段使わない部分などを動かし、筋肉に刺激を与える事で血液循環を良くし、代謝を上げる事になります。また、ヨガの独特な呼吸法は心身のコントロールにもなり、呼吸を整える事で自律神経のコントロールにも繋がって行きます。

このように血行を良くし、体温を上げる事で代謝が良くなり、疲労回復効果を高めるストレッチやヨガなどによる柔軟体操は快適な睡眠を引き出す運動と言えるでしょう。就寝前のちょっとした時間でこれらを行う事で、より良い睡眠が送れる事でしょう。

812069ac345a55b3b6b445a3294a3459_s

自律神経を向上させる有酸素運動

睡眠は適度な運動による疲れでも引き出されます。これは自律神経の1つである副交感神経が作用しているからです。人は睡眠を取る時、脳と体は別々に寝るという事をご存知でしょうか?脳が疲労しているにもかかわらず、体が疲れていないからなかなか寝付けないなど、心身のバランスが取れていない時に起こりうる不眠の症状です。その逆もあり、脳は冴えているのに、体が疲れきって動かなくなってしまう状態、金縛りなどがこれに当たります。睡眠を安定させるには適度に運動を行う事が必要です。確かに運動は大事ですが、あまり激しすぎる運動はかえって睡眠に逆効果です。ウォーキングやジョギングなどの適度に体を動かし、酸素を取り入れる運動が良いでしょう。これらは「有酸素運動」と呼ばれるもので、呼吸をする事で体内に酸素を取り入れ、血中に酸素を取り入れる事で体の機能を向上させ、自律神経を整える事になります。有酸素運動は負担が少ない長時間運動です。先に挙げたジョギングなど自分で時間を決めて行える事がポイントです。際限なく続けていれば、いかに負担が少ないとは言え、疲労は蓄積して行きますので休憩を決めて、運動と休憩のセットで行うと良いでしょう。通勤中の徒歩でもウォーキングの代役にはなりますので、意識して有酸素運動を行うと良いでしょう。

4e554f435e0cf3ca16fa9d69c7ef24a5_s


快適な睡眠を取る方法として、適度な運動はとても効果的です。工夫次第で少しの時間や場所を選ばずできるものもあるので、意識して続ける事が大事でしょう。心身の疲労は睡眠に悪影響を及ぼしますが、適度な運動による適度な疲労は快適な睡眠を引き出します。また、運動によるストレス発散や爽快感は脳、心の負担軽減となると言う点も重要なポイントです。

・体の筋肉をほぐし血行を良くする
・自律神経を向上させる有酸素運動

睡眠前にこれらを行う事でより、質の高い睡眠を得る事が出来るでしょう。睡眠前に体を温める事で、機能が低下する睡眠中の代謝の補助をする事で快適な睡眠を送る事が出来ます。体を動かし、自律神経を整え、適度な疲労を感じる事が安眠のポイントです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る