ブログ

睡眠障害をチェックする方法は?

最近眠れないなと感じたら、不眠症の初期症状かもしれません。たまたまかも知れないと思い、そのままにしておくと、気づかないうちに重症化する恐れもあります。
もしかしたら睡眠障害かも、と思ったら症状をチェックして行き、対策を練っていきましょう。自分が睡眠障害かどうかをチェックしていく方法をお話します。

現代病の1つである不眠症はそのままにしておくと、大きな睡眠障害に発展しかねません。自分が睡眠障害であるかどうかを判断する為には、チェックしていくのが一番です。その方法はこちらです。

・就寝前と就寝後の状態を確認する
・医者のチェックリスト
・スマホなどのアプリツール

自分がちゃんと眠れるかどうか前もって確認するのは当たり前ですよね。寝ようと思って眠れるなら不眠症とは言いません。しかし、不眠症だけが睡眠障害とは言えません。必要以上に眠ってしまったり、日中に眠くなったりする過眠症も睡眠障害の1つなんです。その他、いびきなど寝ている状態におきる様々な症状も睡眠障害に挙げられます。これら自分では気づかないものも含めて、自身が睡眠障害かどうかをチェックする方法をご紹介して行きます。

就寝前と就寝後の状態を確認する

自分が睡眠障害かどうかをチェックするには、まずちゃんと眠れているか調べる必要があります。自分の事は自分にしか解らないのですから当然ですね。ただ、眠れているからと言って、睡眠障害では無いとは言い切れません。寝る前はどんなだったのか?寝た後ではどんな状態なのかを確認する必要があります。眠りに就くまでに時間が掛かっていたり、夜中に何度も目を覚ましたり、体全体に気だるさや肩こり、頭痛などを感じたり。充分に寝ているはずでも、日中に急な眠気に襲われる場合でも睡眠障害の可能性が高いと思われます。力が思うように入らなかったり、夜中に金縛りに遭いやすい場合も睡眠障害の症状の1つに挙げられます。また、1人では気づきにくいですが、いびきや呼吸が止まっていたりする場合も、睡眠時無呼吸症候群と言う睡眠障害の一種です。こちらは自分では解らないと思うので、家の方に確認してもらうと良いでしょう。

0d74a04714e552705dfcd1bd3336d162_s

医者のチェックリスト

睡眠障害の疑いがあるなら、やはり医者にチェックしてもらうのが一番でしょう。睡眠障害など、睡眠に関する専門医は睡眠科か睡眠外来科になります。診断を受ける際は医者の質問に答え、チェックリストを埋めて行きます。
その結果を基に医者が睡眠障害であるかどうかを診断します。とは言え、全ての医者が万能ではないので、チェックに見落としもありえます。必ず専門医の診察を受けるべきでしょう。

3f1cf3a1b68da59c1441cd5c5d2f71c1_s

スマホなどのアプリツール

睡眠障害チェックリストを埋めていくと言うアプリやツールを使う方法もあります。インターネットにも、はい、いいえで進めていく診断ツールなども見受けられます。正確な診断とは言い難いかもしれませんが、ある程度の目安として受け止めておくと良いでしょう。

最近ではスマホアプリに睡眠状態を管理できるものも配布されています。使い勝手も良く、なかなかの評判のようです。ただし、スマホを長時間使い続ける事によるVDT症候群にかかり、更なる睡眠障害に引き込まれる可能性もあるので、程々の利用に留めると良いでしょう。

65dfa8d077e63f98e93f1f45890b01ad_s


睡眠障害のチェック方法のご紹介は以上になります。自分の事は自分が一番理解できていると思われますので、まず症状を自覚しているなら一つ一つリストアップして行き、まとめてみると良いでしょう。医者に見てもらうのが一番ですが、時間の都合や事情などでそうも行かない時もあるはずです。まずは自分の症状を確認し、ある程度の目安をつけておくと良いでしょう。

・就寝前と就寝後の状態を確認する
・医者のチェックリスト
・スマホなどのアプリツール

睡眠障害かどうかをチェックする方法は、以上のように自分で確認する方法、医者に診断してもらう方法、アプリツールを利用する方法とあります。自分が睡眠障害であるかどうかの判断は、よほどの症状でも無い限り、焦ったり不安を煽るような行為は症状を深刻化させる元となります。不眠などの睡眠障害の原因は多くの場合、生活習慣やストレスによるものなどが起因します。生活リズムを整え、リラックスを心がければ必ず改善されていくので、あまり深刻に悩まないでくださいね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る