ブログ

睡眠障害!!原因は日常生活にあった!?

よく寝つきが悪い、眠れないと悩みを抱える人はいます。一般的にそれらは睡眠障害と言われるものが原因である場合もあります。しかし、それらは一概に睡眠障害と言えないものもあり、対処法も変わってきます。一体、睡眠障害の原因にはどんなものがあるのでしょうか?

一般的に睡眠障害とは不眠を始めとした、睡眠の規則における医学的な障害を指します。自身の睡眠状態が不安定な状態こそ睡眠障害の初期症状とも言われています。不眠だけに限らず、夜眠っているにもかかわらず、日中に眠気に襲われ起きているのは困難な状態、過眠症と言う睡眠障害も存在します。この睡眠障害の原因とは何か?考えられる原因はこちらになります。

・心理的原因
・身体的原因
・生理学的原因
・精神医学的原因
・薬理学的原因

心にストレスを抱えたり、体に痛みを伴う持病を抱えていたり、生活環境によって睡眠障害が発症する原因にもなります。これら睡眠障害の原因をこれから、より深く掘り下げてお話しましょう。

心理的原因

睡眠障害の主な原因に心理的原因が挙げられます。いわゆる、日常における生活上の不安やストレスなどが原因とされています。仕事や時間に追われ、人間関係で苦悩するなどのストレスを溜めた状態で引き起こしやすいとされています。仕事に勤しむ大人だけではなく、最近では学校生活を送る未成年でも掛かる事も懸念されています。重症化すると鬱病、統合失調症などを引き起こすケースも少なくはありません。

これらは不安に陥る事で、脳が興奮状態になり、その事が原因で睡眠状態に入る事が出来ない不眠症へと繋がって行きます。

eab2bad3c6e3af4c1a4ba9f66313e791_s

身体的原因

睡眠障害の原因はストレスなどの心的要因だけではありません、体に何かしらの疾患がある場合などの痛みや発作と言った、それらが原因となって睡眠障害に陥るケースもあるのです。
アレルギーによる痒みや、喘息による咳、神経痛による痛みなども身体的原因に挙げられます。最近問題視される、スマホの長時間利用によるVDT症候群による不眠症状もこれに当たります。

65f1931a6fcc1759e59b6ef47f304f64_s

生理学的原因

職種や業種によっては、常に日中で働けるとも限りません。夜勤による昼夜逆転生活や、海外に行った時の時差ボケなどで生活リズムが狂ったりする場合だってありえます。このように睡眠環境が変わり、睡眠障害に陥おった場合、これらは生理学的原因とされます。普段の環境が急に変わったり、生活リズムが崩されたりする時に起こりやすく、入院、引越しなどでも睡眠障害の原因になるケースもあります。

b00f0a3e89b04e5d6d175e9c3bc92ba5_s

精神医学的原因

先にお話した心理的原因より更に深刻化した睡眠障害の状態が、この精神医学的原因です。不安と抑鬱などにより、精神疾患が原因で睡眠障害になってしまった場合を指します。心理的原因と要因はほぼ同じですが、精神状態による一過性のものではなく、精神疾患による慢性的な状態において、睡眠障害に陥った場合は精神医学的原因と診断されます。

92f5d4b610fa9c0a291c5c85aabd4324_s

薬理学的原因

使用している薬物やアルコール、カフェインなどによって睡眠障害が引き起こされる事が薬理学的原因になります。解りやすく言うと、お酒やコーヒー、ドリンク剤を飲んだ事で引き起こされた不眠症状がこれに当たります。
どう言ったものが薬理学的原因にあたるかは、言葉のニュアンスで受け取りやすいかもしれません。依存性の高い成分を含むものや薬物が起因して睡眠障害に陥るケースもあります。

84b91ed267b00edd406581152c8fb705_s


不眠症を始めとした数々の睡眠障害はこれらが原因となっております。日常生活で普通にあるものや、ちょっとした事が原因で睡眠障害に陥ったりします。

・心理的原因
・身体的原因
・生理学的原因
・精神医学的原因
・薬理学的原因

これら5つの原因は生活していく上で、どうしても避けられないものも中にはあります。特に仕事や学校での人間関係は現代社会においても、様々な分野で問題視されるケースもあります。全てを潤滑にクリアーしていくのはとても難しい問題ではありますが、睡眠障害の元となる部分には「心」の持ちようで解決できるものだと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る