ブログ

睡眠障害の治療方法は?

不眠症などが挙げられる睡眠障害ですが、これらは現代病の1つにも挙げられる厄介な症状です。要は睡眠を引き起こせるようになれば解決、と簡単には行かない事も確かです。この睡眠障害の適切な治療方法はあるんでしょうか?

不眠を始めとした睡眠障害の治療には睡眠薬と言う方法が一般的ですが、あまり薬物に頼るのも不健康ですし、依存症などの副作用もあり、できる事ならあまり頼らない事が一番です。用法を間違えてしまえば、不眠症が悪化してしまい、更なる睡眠障害を引き起こす可能性もあります。睡眠障害の治療法にはどのようなものがあるのか。

・生活習慣及び睡眠習慣の改善
・医師の診察

一概に睡眠障害と言っても、不眠症から過眠症、いびきや寝言、おねしょなども挙げられます。それぞれに治療法が存在しますので、治療法は1つと言う訳ではありません。ですが、大元となる原因はほとんどの場合、精神的なものに起因しています。それを基にした治療法をご説明して行きます。

生活習慣及び睡眠習慣の改善

仕事などスケジュールの関係で思うように睡眠時間が取れなかったり、疲労により適当になりがちな就寝時間ですが、これらは改善する事で睡眠障害の治療に繋がります。例えば睡眠時間にしても、睡眠時間が少ないからと言って焦る必要はありません。睡眠時間は年齢や個人差により様々です。長く眠れば良いと言う訳でもありません。焦りが不安に繋がり、睡眠障害の原因になりかねないので、自分にとってベストな睡眠時間を設定すると良いでしょう。同じように、就寝時刻にこだわり過ぎるのも良くありません。寝ようと意気込みすぎても脳が興奮して、ますます眠れなくなってしまいます。眠気が来た時に布団に入れば自然と眠れるので、その時を待つべきです。そして何時間寝たかにかかわらず、毎日同じ時間に起床する事で体のリズムが整えられて、不眠などの睡眠障害の改善に繋がります。
生活習慣を整える事で体内時計が正常に戻り、規則正しく生活する事でも睡眠障害は改善されます。

朝は毎日3食取り、適度な運動と日光を浴びる事も大事です。体をよくほぐし、体に程よい刺激を与えつつリラックスさせる事でも、筋肉が弛緩されて心地よい眠りを引き出す事にも繋がります。その際、あまり強い刺激は体に毒なので控えてください。

1b9276f39e1aead3e09168dcad351879_s

医師の診察

軽い不眠症程度なら、民間療法でもある程度の治療は施せるとは思いますが、睡眠障害が重くなる前に治療するなら、やはり専門の医者に見てもらうのが一番と言えるでしょう。医者にかかった事が無い方にはどの専門医に見てもらうべきか、どの病院に行くべきかで悩みがちですが、困った場合は総合病院に行けば問題ありません。何科で診てもらうかと言えば、睡眠外来科、もしくは睡眠科で見てもらえばOKです。専門的な睡眠障害の病院となると、睡眠クリニックなどの看板に睡眠と付く病院に行けばまず間違いないでしょう。医師の診察を受ける場合、ある程度の原因は絞れて、不眠などの睡眠障害の改善についての指示を受けられます。その際には睡眠薬を処方される事もあります。睡眠薬には怖いイメージがありますが、医師の指示に従って正しい使い方をすれば安全です。ただし、よく眠れると言う理由でアルコールなどとの併用は危険ですので、医師の指示以外の使い方は絶対に止めましょう。

b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_s


睡眠障害は様々な理由や原因で引き起こされるものです。その原因のほとんどが心的要因とされています。睡眠は脳に作用される生理現象ですから、当然と言えば当然ですね。
よく眠れない時は、寝る前にお酒を飲むとよく眠れると言います。この寝酒と言う行為は、睡眠を浅くし、夜中に目覚めやすくなる上に、習慣化するとアルコールの量も増えて行き、体の負担や別の症状を発祥させる危険性があり、
睡眠障害の原因のひとつである薬理学的原因を生みかねません。素人考えで根拠の無い治療を行って悪化させるケースもよく耳にしますので、心配であるなら迷わず医師の診断を仰ぐのが最善と言えるでしょう。

・生活習慣及び睡眠習慣の改善
・医師の診察

睡眠障害の治療の上で重要なのは基となる体を正常なリズムに整え、体が睡眠を取る体勢にしておく準備が必要です。深刻化する前に原因をはっきりさせ、対策を練り専門医の指示に従えば必ず改善させる事が出来ます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る