ブログ

睡眠薬の副作用は?

様々な要因で不眠症状に陥ってしまい、どうしても眠れない時の最終手段で睡眠薬があります。この睡眠薬ですが、配合される成分は手術時など様々な医療の現場で使われています。
強烈な睡眠作用を起こすものから、自然な眠りに誘うものまで多種多様と言えます。そんな睡眠薬ですが、服用の際に気をつけるべきは副作用です。

一体、睡眠薬による副作用にはどんなものがあるのでしょう?

不眠症状を改善、緩和させる為に睡眠薬を服用するも、副作用によって思いがけない事態を起こす可能性もありえます。その睡眠薬による一般的な副作用は以下の通りです。

・依存症
・離脱症状と精神不安定
・反跳性不眠

これらは一般的に知られる薬の服用で起こる副作用で、特に乱用による依存症や精神不安定は死に繋がる危険性を持っています。また、寝る為の薬を服用した結果、以前よりひどい不眠症に陥ってしまい、薬の量が増えてしまうなんてことも考えられます。これから、それぞれの症状を説明していきましょう。

 依存症

4862b70167941165d83866e876678d15_s
睡眠薬による副作用で有名なのがこの依存症です。依存症と言うと、タバコやアルコール、麻薬などが挙げられ、怖いイメージがあると思いますが、睡眠薬でも依存の副作用はあります。
眠くなる為に服用し続け、一向に改善されずに更に量を増やし服用を続け、ついには死に至る。そんな危険性をはらんだ副作用です。

依存とは服用を繰り返した結果、脳機能に異常を生じてしまい抑制をコントロールできなくなった状態のことです。依存には精神依存と身体依存の2種類があるのも特徴です。

精神依存とは、薬物を摂取したいという衝動的な欲求が湧くことを言い、現在の睡眠薬の主流であるBZ系睡眠薬では精神依存は起こりにくくなっています。
身体依存は、常に体に薬物がある状態が普通と体が認識してしまい、薬物が無い状態が異常であると体が要求し始め、睡眠薬の服用を止められなくなる状態を言います。

 離脱症状と精神不安定

7969db2ceaec5467c40855fb0b3df07c_s
睡眠薬は脳の中枢神経に働きかけることで強制的に睡眠を引き起こす薬です。言ってしまえば、強引に眠りにつかせる訳です。この睡眠薬の強引な働きかけにより、精神不安定を引き起こす危険性をはらんでいます。

主に服用後の倦怠感や脱力感、長期服用による離脱症状や情緒不安定が挙げられます。離脱症状は、薬を減らしたり断とうとすることで、イライラや精神不安、頭痛、吐き気、発汗などの様々な症状が起こることを言います。依存症とも言えなくも無いですが、精神的な症状から、あえてここで説明することにします。

精神不安でひどいものになると、自殺衝動や自傷行為など、自身に危害を加える行動を起こそうとし始める為に非常に危険な状態と言えます。

 反跳性不眠

眠れない為に服用しているはずの睡眠薬ですが、服用したことで逆に眠れなくなる副作用もあります。不眠症状が軽くなったことで服用する薬の量を減らしたら、以前より眠れなくなったというケースもあります。このことを反跳性不眠と言います。これは呼び名の通り、薬の反動で不眠に陥っている状態です。

反跳性不眠が起きる原因は、急な睡眠薬の断絶や、急激な薬の減量によって引き起こすものです。反跳性不眠は短時間型睡眠薬を使っている方によく見られる症状です。即効性の睡眠薬による、脳の中枢神経への急激な刺激が引き起こすものと考えられます。

反跳性不眠を防ぐ為には徐々に薬の量を減らしていくことで、ゆっくりと減薬していくと良いでしょう。それでも症状が改善されない時は、別の不眠症状が考えられるので、医師の診断を仰ぐと良いでしょう。

反跳性不眠の怖い所は、睡眠薬を止めた途端に起こり、自分には睡眠薬が必要だと錯覚させることで依存症に引き込まれる可能性があるので、服用を止めて眠れなくなったとしても焦る必要はありません。

34127806e0f499624fd63e4ddd36fa52_s


以上、睡眠薬の副作用についてお話してきました。睡眠薬は脳の中枢神経に作用することで眠りを引き出す薬です。その影響で様々な副作用を引き起こす可能性もあり、医師の処方箋が必要で、市販されていない薬です。

素人が安易に扱って用法を間違ったり、乱用することで危険な状態を引き起こす可能性がある薬なのです。現在は研究開発も進み、安全性も向上したことは間違いありません。しかし、扱い方を間違えれば危険な薬物でもあるのです。

・依存症
・離脱症状と精神不安定
・反跳性不眠

できれば睡眠薬に頼らない方法が一番ですが、服用後も健常な状態を保つのであれば、用法は正しく、正しい知識を持って服用するように心がけてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る