ブログ

目元のシワは乾燥が原因!?今日からできる対策を伝授!

「夕方になると目元がつっぱる気がする」
「最近目元に小じわができてきた」などの悩みを抱えていませんか?
目元にシワがあると、メイクが寄れてしまったり、老けて見えてしまうことがあります。
目元のシワの原因と対処法を知ることで、目元のシワを改善し、若返ってみませんか?




目元のシワの原因

では、なぜ目元はシワができやすいのでしょうか。
シワの原因をいくつか紹介します。

皮膚が薄い

目元の皮膚は、顔の他の皮膚と比較して三分の一程度の厚さであり、とても薄くなっています。
肌は角質層の部分に水分を溜め込みますが、目元の皮膚は薄いため、それに伴い角質層も薄く、十分に水分を保持することができません。
そのため、目元は顔の他の部分と比較して乾燥しやすくなっており、乾燥することでシワが目立ちやすくなります。

刺激に弱い

目元の皮膚は薄いため、刺激に非常に弱いです。私たちは日常生活で、
・洗顔時
・メイク時
・目がかゆい時
など、知らず知らずのうちに目元に刺激を与えています。
刺激を与えることで水分や油分が奪われ、目元のシワにつながります。

目元のシワの対処法

では、目元のシワを改善するためにはどのような対処法をするとよいのでしょうか。
肌に触れることが多いスキンケアの方法を見直すことで、目元のシワが改善されることがあります。

まず、きちんと目元までスキンケアが行き届いていないことが考えられます。
化粧水などは目に入らないように、目元を避けて塗ってしまう人もいます。
そのため、目元の水分が減少し、乾燥することでシワの原因となります。

しかしその一方で、過剰なスキンケアなどは禁物です。目元は刺激に弱い皮膚です。
そのため、念入りにスキンケアを行いすぎると、返って刺激となり、シワが生じやすくなります。

では、「目元のキワまでやさしくケアをするには?」どうしたらよいでしょうか?

まずは洗顔です。
1、洗顔料を洗顔ネットなどでよく泡立てる
2、顔に指がつかないように、泡で洗うようにする
3、水で流す際もこするのではなく、手に水をとって水を押し付けるようにしてやさしく洗い落とす
4、タオルでふきとるときもこすらず、タオルを肌に押し付けて水を吸い取らせる

その後、保湿のためのスキンケアにはコットンを使用しましょう。

コットンに化粧水を含ませ、肌に押し付けるようにしてなじませます。
この際に、コットンを肌に滑らせるようにしてしまうと、肌への負担になるため、肌に優しく押さえつけるイメージで化粧水を付けるようにしてください。


目元は刺激にとても弱いため、日常のささいなことが刺激となります。
そのため、日々のちょっとした心がけがシワ改善につながります。ぜひ参考にしてみてください。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

カテゴリー

最近の記事

[PR]
ページ上部へ戻る