ブログ

シャンプーしてもフケが出る!?もしかして頭皮の乾燥が原因かも?

「シャンプーをしっかりしているのにフケが出る」
そんな悩みを抱えている方は、もしかしたら頭皮の乾燥が原因かもしれません。
原因を知らずにいると、良かれと思ってやっていることが逆にフケの原因になっている可能性もあります。
今回はフケの原因や対処法について紹介します。

・フケの正体は?
・フケの原因
・フケ対処法




フケの正体は?

そもそもフケとは、頭皮の角質細胞が死んだ状態のものです。
皮膚はターンオーバーによって新しい皮膚に作り替えられており、頭皮でも同様のことが起こっています。
このターンオーバーは誰にでも起こっていて、はがれ落ちた角質細胞は非常に小さいので目につくことはありません。
しかし、何らかの原因でターンオーバーのサイクルが乱れると、角質細胞が大きな塊となってはがれ落ちるため、フケとして目につくようになるのです。

フケの原因とさらなるトラブル

フケの原因は様々考えられますが、原因の一つとして乾燥が挙げられます。
季節の変わり目にフケが出やすかったり、冬になるとフケが目立つようになるという人は乾燥が原因かもしれません。
乾燥が原因の場合、細かいパラパラとしたフケが特徴です。

フケをそのままにしておくと、菌が繁殖してしまい、脱毛に繋がることがあります。
また、フケがかゆみの原因となることがあり、それを掻くことでさらにフケがでるという悪循環に陥ってしまうことがあります。




フケ対処法

乾燥によるフケを防ぐためには、頭皮のスキンケアを正しく行うことが大切になってきます。
今回は2つ対処法を紹介します。

頭皮の乾燥を防ぐシャンプーにする

フケが出ると、清潔にしようと一日に何度もシャンプーをしたり、洗浄力が強いシャンプーを使ったりしてしまうかもしれません。
市販のシャンプーは洗浄力が強いため、一日に何度もシャンプーしないようにしましょう。何度もシャンプーを行うと頭皮に必要な皮脂まで流されてしまい乾燥につながります。
最近は刺激の少ない乾燥肌用のシャンプーも出ています。特に成分にセラミドが配合されているシャンプーは乾燥肌に効果があります。

シャンプーの仕方も重要です。
手のひらできちんと泡立てた状態のシャンプーを髪につけ、刺激を少なくするようにしてください。またすすぎもしっかりと行ってください。
トリートメントやコンディショナー、リンスは、頭皮になるべく付かないよう、髪の毛の真ん中あたりから毛先にかけてなじませるようにしてください。シャンプー同様にすすぎもしっかりと行ってください。

紫外線を避ける

紫外線に当たると頭皮の水分が蒸発してしまい、乾燥肌となります。
乾燥している頭皮は刺激に弱くなっているため、紫外線が当たると、フケが出やすくなることが考えられます。
そのため、日傘をさしたり、帽子を被って外出することで症状が改善されることがあります、
髪や頭皮用の日焼け止めスプレーも市販されていますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。


・フケの正体ははがれ落ちた角質細胞
・乾燥などにより頭皮のターンオーバーのサイクルが乱れ、フケが目立つようになる
・<対策その1>頭皮の乾燥を防ぐシャンプー
・<対策その2>紫外線を避ける

フケは毎日の習慣を正すことで改善することができます。
また、頭皮はタンパク質でできており、きちんとした食生活をして、身体の内側からケアしていくことも大切です。
きちんとしたケアを行い、フケを改善しましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

カテゴリー

最近の記事

[PR]
ページ上部へ戻る