ブログ

皮膚のかゆみの原因は乾燥肌だけじゃない! 原因と対処法を知ろう

なんだか顔や身体がかゆい。
かゆみの原因はいろいろ考えられます。自分では乾燥が原因だと思っていたら、実はアトピーだったということもあります。
自分のかゆみの原因を知ると同時に、どのような場合にかゆみが生じるのかを知っておくことも重要です。今回はかゆみの原因とその対処法を紹介します。

かゆみの主な原因は、
乾燥、温度変化、食べ物、衣類の素材、アトピーなどが考えられます




かゆみのメカニズム

そもそも、かゆみはどのように生じるのでしょうか。
かゆみにはヒスタミンが関係しています。
ヒスタミンとは肥満細胞から放出される物質です。ヒスタミンがかゆみを感じる知覚神経に作用することで、脳に刺激が伝わり、かゆみが生じます。

かゆい部分をかきはじめたら、もっと痒くなる時はありませんか?
実はかくことで皮膚の知覚神経が刺激を受け、さらにかゆみの原因となるヒスタミンが放出されるという報告がされています。
かけばかくほどかゆみが生じるという悪循環が生じてしまうのです。

かゆみの原因

かゆみの原因にはさまざまあります。
みなさんのかゆみの原因はなんでしょうか?

乾燥

かゆみの原因のひとつとして、乾燥が挙げられます。皮膚が乾燥していると、刺激に敏感な状態になってしまい、かゆみが生じやすくなります。
そこで、保湿が重要になってきます。
乾燥肌の人のために保湿力が高い入浴剤や化粧水も出ているのでチェックしてみてください。

温度変化

夏にクーラーのきいた室内から外に出た時など、体温の変化によってかゆみが生じるため、注意が必要です。
体温が高くなると、血管が拡張し、かゆみ物質であるヒスタミンが全身に運ばれやすくなり、かゆみが生じます。
対処法としては、かゆい部分を冷やして血管を収縮させることが効果的です。




食べ物

食べ物がかゆみを引き起こすことがあります。多くの場合はアレルギーによるものです。
食べ物アレルギーと聞くと、息が苦しくなる、ブツブツができる、というイメージがあるかもしれません。
しかし、もっと軽いアレルギーもあり、その症状のひとつとしてかゆみが生じることがあります。

衣類の素材

服の素材が刺激となってかゆみが生じている場合があります。肌に触れる下着などを化学繊維であるアクリルやポリエステルの素材を避け、コットンやシルクなどの天然素材に変えてみてください。
また、素材だけでなく、使用している柔軟剤が刺激となっている場合もあるので注意が必要です。

アトピー

アトピーとは、なんらかの刺激により炎症やかゆみが生じ、強いかゆみを伴う湿疹が生じ、症状が軽くなったり悪化したりを繰り返す病気です。
多くはアレルギー性といわれており、何かをきっかけとして、炎症とかゆみが生じます。このアレルゲンを取り除くことが一番重要です。


かゆみの原因はひとつではありません。
乾燥が原因であることが多いですが、保湿をしてもかゆみが生じる場合は、他の原因が考えられます。
自分のかゆみの原因を見つけることが、かゆみ改善への第一歩です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

カテゴリー

最近の記事

[PR]
ページ上部へ戻る