ブログ

二日酔いってなぜ起こるの!?二日酔いと肝臓の関係について

今日は会社で飲み会。お酒は好きだけど、ついつい飲みすぎてしまった後、必ずやってくる二日酔い。次の日、「頭がいたい」、「身体がだるい」、「吐き気がする」、「下痢が止まらない」などとつらいですよね。
お酒の強い人が羨ましいと思ったりします。早い人は午後には治りますが、夕方になってもなかなか治らない人もいます。この違いは一体何なのでしょうか?簡単に解説していきます。

二日酔いと肝臓の関係について
・肝臓の働き
・二日酔いの原因
・二日酔いの症状
・二日酔いにならないようにするには?




肝臓の働き

肝臓はお酒の分解に関わっています。お酒に含まれるアルコールが肝臓で代謝され、そして分解されます。
アルコールは、胃で約20%、小腸で約80%が吸収されます。体の中で吸収されたアルコールは血液に入り、肝臓で代謝され最終的に「二酸化炭素」と「水」に分解されます。しかし、すぐに分解されるわけではありません。
分解される過程に「アセトアルデヒド」という悪酔いの原因となる物質が存在するからです。

アルコール分解以外にも、肝臓の働きについて知りたい方はコチラで説明しています。

二日酔いの原因

肝臓の機能が落ちると、アルコールを分解するスピードも低下します。それによって、酔いの原因物質であるアセトアルデヒドが体内に残りやすくなり、二日酔いになりやすくなります。
二日酔いの程度は、アセトアルデヒドを分解できる量で決まります。これを分解する酵素が多い人ほど、酔いにくいと言われます。

二日酔いの症状

二日酔いの症状として、頭が痛い、体がだるい、吐き気、胸焼け、動悸、下痢、などあります。これらはアセトアルデヒドによるものです。特に、吐き気や胸焼けは、アセトアルデヒドが胃の粘膜を刺激することで起こります。
また、アルコールには利尿作用があります。水分を摂らないと脱水症状につながるので注意が必要です。




二日酔いにならないようにするには?

 二日酔いにならないために、まず体調管理が大切です。睡眠不足や連日の飲み会が重なると肝臓の機能が落ちてしまいます。そのため、完全にアルコールが分解できなくなってしまうのです。そうならないためにも、しっかり睡眠をとったり、休肝日(お酒を飲まない日)をつくるなどしてください。


肝臓がしっかり働くことでアルコールを分解していることがわかりました。そして、毒性のあるアセトアルデヒドを分解して、二日酔いになるのを防いでいます。二日酔いは、その日の行動に支障を来たしてしまいます。そうならないために、体調管理をしっかりすることが重要です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

カテゴリー

最近の記事

[PR]
ページ上部へ戻る