ブログ

耳が聞こえづらい!考えられる原因は?

音が聞こえづらくなる病気にはどのようなものがあるのでしょうか。今回は耳の構造に注目して外耳、中耳、内耳の3つの領域に分け、それぞれ原因として考えられる病気についてご紹介していきます。

音は空気の振動として伝わり、耳に集められた音は外耳を通って鼓膜に達します。鼓膜の奥、中耳には耳小骨という小さい3つの骨があり、これらによって増幅された振幅は、内耳にある蝸牛(かぎゅう)へと伝わっていきます。

蝸牛の中には振動を電気信号に変換する有毛細胞があり、この電気信号が神経を伝って脳へ届くことで、音を認識しています。

このように、聴覚には複雑な構造がありますが、このうちどの部分が障害されても音が聞こえづらい原因になります。ここでは、外耳、中耳、内耳の3つの領域に分けて、難聴を引き起こす原因を考えていきましょう。

外耳

外傷性鼓膜裂孔(がいしょうせいこまくせんこう)
誤って耳かきで刺してしまった、ダイビングなどで急激な圧力の変化がかかった、耳に平手打ちをされた。
このような要因で鼓膜は容易に破れてしまいます。小さい穴であれば自然治癒しますが、穴の大きさに応じて耳の聞こえが悪くなります。

外耳道異物
子供であれば、おもちゃのビーズ、大人であれば綿棒の先などが詰まってしまうことで、耳の閉塞感が生じます。異物に限らず、耳垢が溜まってしまったり、耳掃除のつもりが逆に押し込んでしまうことでも、同様の症状が現れます。




中耳

中耳炎
耳の奥には耳管という管があり、鼻の奥とつながっています。風邪などをきっかけに、鼻あるいはのどの粘膜に炎症が起こった際、耳管を通って細菌感染が耳にまで到達してしまうと、中耳炎が起こることがあります。

中耳に膿が溜まることで音が聞こえづらくなり、また溜まった膿が鼓膜を圧迫することで痛みが生じます。その状態が続くと、鼓膜が破れて炎症細胞や膿が耳の穴から漏れ出すこと滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)に移行し、さらに放置すると、常に鼓膜に穴があいている状態になって、細菌感染を繰り返す慢性中耳炎へと進展します。

耳管狭窄症
同じく風邪などによる炎症をきっかけに、耳管周辺の粘膜がむくんでしまうことで、耳管が狭くなる、あるいは閉塞してしまう状態です。空気の振動を音として認識するための過程の1つとして、鼓膜が適度に張っていることが必要となりますが、この鼓膜の調整は耳管を通して中耳の内圧を変化させることで担っています。

耳管が閉じてしまい、換気が悪くなると、常に耳が詰まったような状態になり、音が聞こえづらくなります。

内耳

メニエール病
内耳に存在するリンパ液の量が過剰になってしまうことで、内耳の細胞がむくんでしまい、耳が詰まった感じや耳鳴りが現れます。左右の耳どちらか、あるいは両方に症状が現れます。この他、めまいや吐き気を伴い、症状を繰り返すごとに難聴が進行していきます。

突発性難聴

ある日突然片方の耳の聞こえが悪くなる原因不明の難聴です。めまいや耳鳴りを伴うこともあります。投薬によって改善しますが、放置すると治りにくく、元の聴力を取り戻すのが難しくなります。

老人性難聴
空気の振動を電気信号に変換させる有毛細胞の老化や、その電気信号を脳へ伝える神経の老化によって起こる難聴です。高い音から徐々に聞こえなくなっていくという特徴があります。両方の耳で同じように障害されていきます。





今回のポイントは次の3つです。

・外耳が原因の難聴:外傷性鼓膜裂孔、外耳道異物
・中耳が原因の難聴:中耳炎、耳管狭窄症
・内耳が原因の難聴:メニエール病、突発性難聴、老人性難聴

聴覚は生きていく上で非常に大切な感覚です。少しでも異常を感じたら、手遅れになる前に耳鼻咽喉科へ受診することをおすすめします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

カテゴリー

最近の記事

[PR]
ページ上部へ戻る