ブログ

食物アレルギーは大人でも発症する!その原因は?

食物アレルギーというと、子供のイメージが強いかもしれません。しかし、大人であっても突然発症し、その原因が毎日食べている食事の影響を受けている場合もあります。今回は、大人が食物アレルギーになる原因について、ご紹介していきます。

子供の食物アレルギーは、もともとアレルギー体質でアトピーや喘息を持っている人に発症しやすく、主な発症時期は乳幼児期と言われています。アレルギーを示す食品は、卵や牛乳、小麦粉などが多く、多くの場合、年齢とともに改善していきます。

一方、大人のアレルギーは、体質に関係なく突然発症します。アレルギーを示す食品は、果物や野菜、甲殻類、ナッツ類などが有名ですが、その他の食品に対しても広く起こり得ます。そして、大人の食物アレルギーは自然に改善することはほとんどありません。今まで当たり前のように食べていた食品であっても、急にアレルギーになってしまうのはなぜなのでしょうか。

花粉症を持っている

「花粉症は蓄積していくことで発症する」という話は耳にしたことのある方も多いかもしれません。人はみな、花粉に対する許容量があり、その量を超えてしまうと花粉症が発症するのです。人によってその量には違いがあり、花粉を水、許容量をコップに例えると、小さいコップを持っていた人は幼いうちに水が溢れてしまって花粉症になってしまい、大きいコップを持っていた人は大人になってからも水を受け止め続けられるため、まだしばらくは発症しません。
アレルギーは身体の免疫反応が過剰に働いてしまうために生じる反応です。本来、私たちの身体には、体内に侵入してしまった異物を攻撃して排除する働きがあります。この反応が過剰になってしまうと、必要以上に免疫細胞が働いてしまい、くしゃみや鼻水、目のかゆみ、のどの違和感、息苦しさなどの症状が現れます。

花粉症では、花粉をアレルゲンと認識しますが、この花粉の構造は野菜や果物の構造と似ているため、これらの食品を口にしたときに、免疫細胞が誤って「花粉が入ってきた」と認識してしまうことで、食物アレルギーが引き起こされます。

花粉の種類と食物アレルギー

花粉の種類によって、引き起こされやすい食物アレルギーの種類はある程度分かってきています。

・スギ、ヒノキ:トマト

・ブタクサ:バナナ、メロン、スイカ、キュウリ

・カモガヤ:バナナ、トマト、オレンジ、メロン、ジャガイモ

・シラカバ:リンゴ、モモ、イチゴ、サクランボ、ナシ、キウイ、ウメ、ニンジン、クルミ

同じものを毎日食べる

花粉症と同じで、毎日似たような食事を続けていると、食物であっても許容量を超えて、アレルギーを発症してしまうと考えられています。このため、好き嫌いが多かったり、偏食を続けている人は、その食品に対してアレルギーを持ってしまう可能性があります。

アレルギーの症状、アナフィラキシーでは、まぶたや唇の腫れ、失神、口の中の違和感、息苦しさ、腹痛、嘔吐・下痢などの症状がみられます。これらの症状が現れたら食物アレルギーを疑う目を向けられることが大切です。


今回のポイントは次の2つです。

・大人の食物アレルギーは花粉症の種類と関係がある
・同じものを好んで食べ続けていると、食物アレルギーを発症する可能性がある

好きな食事が食べられなくなってしまうのを防ぐためには、食生活を見直して、日の間隔をあけながら食べることが大切です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る