ブログ

日本人の平均睡眠時間は?

皆さんは自分の睡眠時間を意識した事はありますか?仕事が忙しい、なかなか眠れない。様々な理由で睡眠時間には差があると思います。睡眠を取ると言う事は生きて行く上でとても重要な行為です。
では、睡眠時間はどれくらい取るべきなのかのでしょうか?ここでは日本人の平均睡眠時間を調べてみる事にしましょう。

勤勉で働き者と言うイメージがある日本人ですが、その分の睡眠時間を削っているんじゃないか?そう考えると、睡眠時間の平均を出してみると言うのも興味深いですね。
さて、日本人の平均睡眠時間ですが、どのように調べていきましょう?これは総務省の統計局が5年毎に社会生活基本調査でデータを取っています。それ以外にも厚生労働省や経済協力開発機構(通称OECD)など、これらのデータを元に色々調べられそうです。

・都道府県別の睡眠時間の違い
・年齢別の平均睡眠時間
・世界で見る日本人の平均睡眠時間

日本人の睡眠時間を調べると同時に、これらの事も一緒に追って行きましょう。

都道府県別の睡眠時間の違い

日本人の睡眠時間の平均を調べるなら、まずは各都道府県の統計を調べて行きましょう。地域毎に睡眠時間の差異はあるのでしょうか?総務省の統計局からデータを見てみましょう。5年毎なので直近は2011年になります。

調べてみると全国の睡眠時間の平均は7時間42分でした。そこまで少ないとは思いませんがやや低めと言った所でしょうか。では次に、一番睡眠時間が長い地域と低い地域を調べてみましょう。

一番睡眠時間の平均が長い地域は秋田県の8時間2分で平均より20分長い数字が出ました。
逆に、一番平均時間が低い地域は神奈川県の7時間31分で平均より11分も低いものでした。秋田県と神奈川県ではその差は31分と大きくなりました。

統計を見ている限りですと、地方に行くほど睡眠時間は長くなり、都心部ほど睡眠時間が短くなっていく傾向が見られます。これはやはり仕事などの生活環境に影響されるものと考えて良さそうですね。全国の学力テストで秋田県が常に上位をキープし続けているのは、睡眠が関係すると言っても過言ではないかも知れません。

f585ad15fd5a89cd851fc0a83c0f184a_s

年齢別の平均睡眠時間

地域毎に睡眠時間が違うのであれば、年齢別に平均睡眠時間も違うのではないかと疑問が湧きます。同じように思った方もいるでしょう。それでは年齢別の睡眠時間の平均を調べていこうと思います。

全年齢での平均時間は7時間42分で全国の平均睡眠時間と全く同じです。その内訳は男性が7時間49分と7分長く、女性が7時間36分と6分短い結果となりました。その次の一番睡眠時間が長い年齢ですが、85歳以上の9時間40分でした。男性が9時間40分と平均と全く同じで、女性は9時間39分と1分少ない程度でした。それでは、一番睡眠時間が少ない年齢にいきましょう。
45~49歳の7時間3分が一番睡眠時間が短いようです。こちらは男性が7時間13分で10分ほど長いのですが、女性にいたっては6時間48分でなんと25分も少ない結果が出ました。

以上の結果から考えられる事は、働き盛りの年代、仕事や責任が増える年齢に差し掛かる頃に睡眠時間が減少しつつある傾向が見れます。逆に定年が近づくにつれ、徐々に睡眠時間が増え高齢になるにつれて睡眠時間が増えていくようです。平均睡眠時間は一度に取る睡眠時間の事ではなく、就寝とは別の昼寝なども睡眠時間の平均が増える要因になっていると考えられます。
ccef218f3ddccaaad048cce0b32c42d8_s

世界で見る日本人の平均睡眠時間

世界的に見て日本人の睡眠時間の平均はどれくらいでしょうか?こちらはOECDに加盟している各国と比べてみる事が出来ます。それでは世界と比較して、日本人はどのくらいの睡眠時間をとっているのでしょうか。2009年度の統計を元に見比べて行きます。まず最初に、一番長く寝る国は中国で、9時間2分でした。日本より1時間20分以上も長く寝るのは、どこでも寝られると言うお国柄でしょうか?それでは一番寝ない国はどこなのかと言うと・・・
なんと日本でした!その次の韓国が7時間50分なので、日本の7時間42分に対し、8分差があると言う事がわかりました。世界的に見ても、日本人は睡眠時間が少ないようです。

2212fda3bdbe18372a21768eebd0c938_s


これまでのお話や統計から解るとおり、日本人の睡眠時間の平均は世界で見ても少ないと言う事が判明しました。先進国のアメリカでも、8時間27分もの睡眠時間を取っているので、これには驚きます。

・都道府県別の睡眠時間の違い
・年齢別の平均睡眠時間
・世界で見る日本人の平均睡眠時間

以上の事から解るのは、幼少の頃は睡眠時間を多く取り、年齢を積み重ねて働き盛りの頃には最も睡眠時間が少なくなっていき、高齢と言われる頃には睡眠時間が増えていくと言う事です。特に日本の女性は、世界中で一番睡眠を取っていないと言う事が解ります。年々睡眠時間の減少が問題化されつつありますが、やはりこれは、先進国などに比べてスマホの普及や学校などのスケジュールが他国と比べて独特な事が理由に挙げられると言えるでしょう。小学生までスマホを弄っている姿は、世界で見ても不思議がられる程です。睡眠時間1つ取っても、日本の特異性が浮き彫りになります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る