ブログ

子供にとって薄着が大事なのはなぜか?

昔は冬の寒い時期でも、半袖半ズボン姿の元気な薄着の子供をよく見かけました。子供は風の子という言葉をよく耳にしたものです。今は風邪や病気を懸念して、必要以上に子供の薄着に反対する親御さんも多いです。しかし、この薄着である事が本当に悪いことなのでしょうか?薄着である事がどれほど大事か、この機会に調べていきましょう。

年配の人は、子供が厚着をすると良い顔をしない人もいまだに多くいます。暮らしも豊かになり、裕福な人が増えた事も原因ですが、わざわざ薄着になる必要もない、と考える人も多いです。
しかし、年配の方達の薄着のすすめは決して子供にとって悪い事ではないのです。むしろ薄着に慣れさせる事が、子供達にとって大事なのです。薄着に慣れる事でどのような変化をもたらすのか?

・免疫力を上げてウイルスに強くなる
・代謝を上げやすくする

このような影響が出るのです。
決して時代錯誤な考えではない薄着の勧め。これから説明していきましょう。

免疫力を上げてウイルスに強くなる

a915b3e0c728ea1369d7adcf8b3ab712_s
薄着になると、肌が暑さ寒さをより感じ取れるようになります。体が気温の変化を感じ取り、血管の働きが拡張収縮を繰り返し、自律神経が鍛えられるようになります。

自律神経には、暑い時は末梢血管を広げて汗をかき体温を下げ、寒い時は末梢血管を狭めて熱を保持し、筋肉の活動で体温を上げる、という体温を調節する働きがあるのです。自律神経が鍛えられると、人体が活動する為に必要な機能が正常に働き、心配機能、体温調節などの働きが活発になります。

このように薄着に慣れると、子供が気温の変化に対応できるようになるという訳です。自律神経を鍛え、結果的に免疫力を高める事になります。

風邪を引いてしまうのは体の抵抗力、免疫力が下がっている事が原因です。免疫力を上げ、風邪を引きにくい体になるのです。薄着に慣れる事でウイルスに負けない強い体が作られていくのです。

寒い時ほど厚着になりやすいですが、厚着をすると体温の熱が反射する力、放熱反射が強くなり、その状態で冷たい風を浴びると体温が低下しやすくなってしまいます。体が冷え込むと免疫力が低下し、風邪を引きやすくなるという事でもあるのです。

代謝を上げやすくする

薄着になる事は身軽になるという事です、つまり動きやすくなり、体を活発にさせます。
厚着でいれば体は確かに暖まりますが、それは自分の体で暖めた訳ではありません。薄着をすると体が自らを暖めようとして、エネルギーを燃焼させるのです。薄着でいるだけでも代謝はあがりますが、そこに運動が加われば更に効果も上がるという訳です。薄着でいると子供の代謝が上がり、血行を良くし、健康な体を作ります。それに体を動かすには、やはり身軽になるのが一番ですからね。子供には健康的に体を動かす事が大事です。

78c450abbbe5b339536847df3f6f4259_s


薄着は子供の体を強くする、という事がご理解できたでしょうか。昔から子供は風の子と言いますが、それにはちゃんとした科学的根拠もあったのです。子供に良かれと思ってさせていた厚着が、実は体を弱くさせてしまう原因にもなっていたなんて、驚いた方もいるでしょう。

・免疫力を上げてウイルスに強くなる
・代謝を上げやすくする

薄着の子供はこのように体を健康にする為の準備を行っていたのです。今は一般家庭に家電も普及し、季節感を感じさせなくなっています。夏は涼しく、冬は暖かく、便利な世の中にはなりましたが、子供の健康を考えた場合は、ある程度の我慢は必要だと考えさせられます。しかし、いくら薄着が健康に良いとは言っても、体温が逃げて冷え込んでしまっては意味がありません。この場合は肌着を着て神経が集中している所をしっかり保護しましょう。背中やお腹を暖めて、手袋やマフラーなどで冷え対策をしっかりしておくと効果的です。

薄着を重ねて着るのと厚着をするのはまた別物です。シャツ一枚でいる事が薄着でいるという訳ではありませんので、しっかりと体の芯は冷えないようにしてくださいね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る