ブログ

薄着が健康に良い理由!おすすめの方法!

冬などの寒い時期はついつい厚着に着込んでしまいますよね?今は暖房器具が充実していて、本格的な寒さを感じる機会が少なくなりましたが、やっぱり外に出ると寒いものです。
ところで、薄着が健康に良いって言う話を聞いた事が無いでしょうか?薄着が健康に良いと言う話、もっと掘り下げていきましょう。

子供は風の子、なんて話は昔の話にも思えますが、寒い時の薄着が実は健康の元と言われつつあります。
と言っても、ただ薄着でいるって訳ではありません。ちゃんとした根拠があって、薄着が健康に良いと言われているのです。果たしてその理由とは何か?

・血行を促し、新陳代謝を促進させる
・美容と健康に良い

意外に思うかもしれませんが、以上の事柄が理由になのです。ちょっと信じられないと思いますが、その理由を根拠に基づいてご説明していきます。



血行を促し、新陳代謝を促進させる

薄着でいる事で血行が良くなる、なんてどうにも納得行かないですよね。むしろ寒くなるんだから血行が悪くなるんじゃないかと思ってしまうのが普通です。

もちろん、いきなり血行が良くなる訳ではありません。薄着をする事で血行を良くする為の準備に入るのです。言わば薄着になる事で健康になる為の下準備とも言えます。

寒い時に厚着をする事で確かに体は暖まりますが、それは体本来の働きで暖かくなっているとは言えません。人間は自律神経によって体の機能や体温調節機能が働いているのです。

血管の収縮や拡張を繰り返す事で、寒い時は体温を上げ、暑い時には汗をかき、体温を下げようと自律神経が無意識のうちに体に命令を送っているのです。

このように自律神経が自力で働きかける事で鍛え上げられ、その結果として血液の循環を良くし、体の機能が活発になり、体の巡りが良くなる事で代謝を促進させる事にも繋がるのです。

体の筋肉と同じで、自律神経も使わなければ鍛えられず、サビついて鈍くなっていきます。

9710ccb64d3f227e7acf30f7fb466aaf_s

美容と健康に良い

薄着をする事で健康が保たれるという事は、もちろん美容にも関係があります。汗をかくという事は代謝機能が働いている事なので、厚着による体温上昇で汗をかいても、代謝の向上効果はあります。

ですが、やはり自発的な体温上昇による代謝機能の促進を図った方が、長い目で見ても最善と言えます。自発的な代謝促進を図る事で、自律神経が鍛えられ、体の機能が活発になり体の巡りが良くなる事で、体中の老廃物が排出されやすくなり、毒素が体の中に残りにくくなります。

この事をターンオーバーと言います。新陳代謝がしっかりと行われ、ターンオーバーが起こり、肌のハリや潤いが保たれる。薄着でいる事で、このように美容と健康に良い影響をもたらすのです。

d44d435c16b3953dbddcc7de38ebe474_s


薄着でいるという事は、気温の変化をより敏感に肌に感じさせるという事。

このように刺激を与え続け、肌を敏感にさせる事で血管の緊張を促し、血行促進による血の巡りを良くし、ターンオーバー機能がしっかりと働くようになるのです。

今の時代、暑い時は涼しく、寒い時は暖かくする事も容易で、気温の変化に対して、季節を感じる事は少なくなりました。
肌が気温の変化に慣れていかなくなれば、自律神経も錆び付いていき、免疫力が低下し病気になりやすくなります。

また、体が自発的に体温を上げようと言う事は、自発的な発汗を促す事なので、厚着でいる事よりも美容効果を得る事が出来るのです。

・血行を促し、新陳代謝を促進させる
・美容と健康に良い

強い肌を作り、体を中から強めてくれる薄着の効果。ただ薄着でいれば良い訳ではなく、冷やしてはいけない所はちゃんと暖めておく必要があります。

手足やお腹、背中など、特に冷え対策が必要な所は暖めやすくしておいてください。必要以上な厚着を控えれば良いので、薄着を重ねて着ると言うのも効果的です。

手袋やマフラーなどで冷え対策をしておき、服は薄着にするというのも良いかもしれませんね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る