ブログ

チョコレートの美容と健康の効果と効能は!?

おやつやデザート、バレンタインなどでもおなじみのチョコレートは子供や女性に人気のお菓子ですよね?実はこのチョコレートには意外な効果があるのです。
チョコレートは食べ過ぎると肥満や虫歯など体を壊す元となりますが、適量なら美容と健康に良いとされています。チョコレートに隠された効果と効能について次のように調べてみました。

・チョコレートの原料
・カカオに含まれる3つの成分
・チョコレートの美容健康効果

 チョコレートの原料

チョコレートの効果と効能を知る前に、まずはチョコレートに含まれる成分を調べてみましょう。

【一般的なチョコレートに含まれる材料】
・カカオマス
・砂糖
・カカオバター
・乳化剤
・香料などの添加物

チョコレートの基本となる材料はこれらになります。近年ではコスト削減などで添加物や代用品などが使われる製品も多数存在しますが、カカオ、砂糖、乳製品はほぼ確実に含まれています。この中から、チョコレートには欠かせないカカオマスについて解説していきます。

カカオマスとはカカオ豆の胚乳を発酵、焙煎したものです。このカカオマスには食物繊維やミネラルも豊富に含まれており、便秘改善や代謝の促進効果も期待できます。そしてカカオマスの加工工程に発酵させるということから、チョコレートは発酵食品であるということが解ります。

一般的な発酵食品で有名なのが納豆ですが、同様にカカオマスも発酵させることで栄養成分が作られます。その中の有効成分が「カカオポリフェノール」「カカオプロテイン」です。さらに自然界ではほぼカカオのみに含まれる「テオブロミン」というものがあります。



 カカオに含まれる3つの成分

チョコレートに含まれる栄養成分の健康美容効果は、チョコレートの主原料であるカカオマスに多く含まれています。それでは具体的にどのような効果と効能があるのかを解説します。

カカオポリフェノール

ワインなどに多く含まれることで有名な植物成分です。ポリフェノールには高い抗酸化作用があり、活性酸素の除去によるアンチエイジング効果が期待できます。また、コレステロールの酸化、動脈硬化などの生活習慣病やがん予防にも効果があるとされています。自律神経の安定化によるストレスの緩和の効能も確認されています。

カカオプロテイン

カカオプロテインとはカカオに含まれるタンパク質のことで、その通称をカカオプロテインと呼んでいます。カカオプロテインは他のタンパク質に比べると消化されにくいという特徴があります。このことが食物繊維と同じ働きをし、さらに小腸、大腸を通る時に、カカオプロテインが水分を吸収しながら腸内の老廃物を集めてくれます。

カカオプロテインは腸内細菌の餌にもなり、腸内環境を良くしてくれる効果があるのです。

テオブロミン

テオブロミンとは自然界の中でもカカオにしか含まれないていない成分で、キサンチンの一種と言われています。チョコレートやココアの苦み成分はこのテオブロミンによるものです。そしてテオブロミンにはカフェインの構造と似た性質を持ち、カフェインよりも低い覚醒効果を持つと言われています。テオブロミンを摂取することで中枢神経から大脳を刺激して集中力を高め、リラックス効果を高める効果が期待できます。

チョコレートの原料であるカカオマスにはこれら3種類の成分が含まれており、その半分以上がカカオにしか存在しないと言われる有効成分なのです。




 チョコレートの美容健康効果

前述のカカオポリフェノール、カカオプロテイン、テオブロミンといった3種の栄養成分については既に説明した通りですので、それ以外の成分も含めた健康美容効果についてまとめていきましょう。

前述の3種以外で特筆すべきは「ブドウ糖」です。ブドウ糖にはリラックス効果を高めるホルモン「セロトニン」の分泌作用があります。この別名「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンは集中力を高め、人を冷静にさせてくれる効果を持っています。中枢神経を刺激することで脳に程よい刺激を与えてくれます。試験勉強や集中力を高める作業を行う前にはチョコレートは最適なおやつと言えるでしょう。

このことから、チョコレートの栄養成分で期待できる健康効果をまとめました。

・ミネラル摂取による生活習慣病予防
・血液をサラサラにし、高血圧、動脈硬化などの予防
・血行促進による冷え性予防
・ストレス解消などのリラックス効果
・便秘解消
・代謝促進によるアンチエイジング
・ダイエット効果
・口臭予防

その多くはカカオマスなど含まれる成分による効果・効能と言えるでしょう。またチョコレートにはカカオの含有量によって呼び名が変わり、カカオ含有量が70%以上を超えると「ハイカカオチョコレート」と呼ぶようになります。一般的なチョコレートに含まれるカカオは多くても30%ほどで、ブラック、ビターチョコレートでも50%程度と言われています。

ダイエットには甘いものを断つ人が多いと思われますが、チョコレートに至ってはむしろ食べ過ぎずほどほどの量で毎日食べることが推奨されるでしょう。ただし、ハイカカオチョコレートに近づくにつれ苦味は増していくのでお好みの含有量のチョコレートを見つけてみてください。


今回のチョコレートの美容健康効果と効能についてのお話はいかがだったでしょうか?チョコレートは甘いお菓子というイメージのせいか、体にはあまり良くないスィーツの印象を多くの方が持っていることでしょう。当然食べすぎは体に毒ですが、適量であれば毎日食べることでむしろ体に良い効果をもたらすと言われています。

今回のお話を理解し、チョコレートの原料であるカカオマスの有効成分について正しい知識を活かしてもらえればチョコレートは美容と健康、ダイエットにも適したおやつになりえるのです。その際にはカカオの含有量の高いものを選び、食べ過ぎないことがポイントです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る