ブログ

二日酔いに効くドリンクとは?


二日酔いで頭痛がする。吐き気がひどい。一度はこんな経験があるのではないでしょうか?今回は二日酔いが起こる原因と、二日酔いに効くドリンクについてご紹介していきます。

飲酒後は脱水や低血糖、アルコールの分解によって生じる毒素など、さまざまな原因によって二日酔いが引き起こされます。アルコールには強い利尿作用があり、水分を摂っているつもりでも、それ以上の尿が排泄されているのです。また、アルコールの分解は肝臓によって行われていますが、肝臓は通常、身体に必要な栄養分(糖分など)を合成、貯蔵し、身体に不必要な物質を解毒、分解する働きをしています。

飲酒後は、肝臓はアルコールを分解することに集中してしまうため、栄養分の不足による低血糖から、頭痛や倦怠感が生じます。さらに、アルコールが分解される過程で生じるアセトアルデヒドは身体にとって有害な物質であり、倦怠感や吐き気などの症状を引き起こします。

 スポーツドリンクの効果


二日酔いに効くといわれている清涼飲料水としては、まず、スポーツドリンクが知られています。

スポーツドリンクは、運動によって身体から失われた水分やミネラルなどの栄養素を効率よく摂取することを目的としています。アルコールには、尿量を増やす利尿作用に加え、身体に必要な栄養素の吸収を妨げてしまう作用があるため、身体から水分やミネラルが不足し、運動後と同じような状態になってしまっています。

スポーツドリンクは、ミネラルや糖分をバランスよく配合することで、通常よりも素早く水分を吸収できるため、アルコールによって引き起こされた脱水や低血糖を補うことができます。

 より効果が期待できる二日酔い対策ドリンク

二日酔い対策ドリンクとして、薬局やコンビニでウコンエキスや肝臓水解物などが配合されたものが広く販売されています。コンビニにも売られているものは、清涼飲料水に含まれ、分類上はいわゆる“ジュース”ですが、これらのドリンクはクルクミンやアラニンなどの成分を含んでおり、肝臓の働きを高め、肝臓が産生する消化液の分泌量を増やす効果があると言われています。

一般の清涼飲料水のように、失った水分や栄養素を補給するだけでなく、肝臓の働きを高めてくれる作用ので、より二日酔いに対する効果が期待できるのです。
一方、第2類医薬品、第3類医薬品に分類されているドリンクは、肝臓水解物など“厚生労働省が認めた有効成分”が含まれています。作用は同じで、肝臓の働きを助け、アルコールの分解を早めたり疲れを取る効果が期待できます。

二日酔いドリンクにもさまざまな種類があり、効く・効かないには個人差があると思いますが、規定上は「医薬品」あるいは「医薬部外品」を表示している商品の方が、より効果が期待できると考えられます。

ただし、同じシリーズでも清涼飲料水と医薬品あるいは医薬部外品がある場合があります。商品の表示をよく確かめて選んでください。

 飲酒前後いつ飲むのがベスト?

二日酔い対策ドリンクは、飲酒前に飲むことをおすすめします。ご紹介したように、これらのドリンクには肝臓の働きを助ける作用が期待されています。飲酒後に飲んだ場合、既に身体の中に溜まったアルコールやその毒素を分解する働きを助ける作用をもたらしますが、飲酒前に飲めば、飲んだすぐそばから分解を助けてくれるため、悪酔いしたり、次の日までアルコールを引きずるリスクを減らすことができます。

飲酒の30分から1時間前までには飲んでおくとよいでしょう。


今回のポイントは次の3つです。

・スポーツドリンクは、飲酒によって失った水分や栄養素を効率よく吸収できる
・二日酔い対策ドリンクの中でもより効果が期待できるのは、厚生労働省も認める「医薬(部外)品」
・二日酔い対策ドリンクは飲酒の30分~1時間前がおすすめ

これらのドリンクはあくまで補助であり、ドリンクを飲めばお酒を飲んでも心配ないというものではないので、節度を持った飲酒を心がけましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る