ブログ

味噌汁の歴史とは?

日本のおふくろの味とも言える味噌汁。家庭や地域によって味噌の種類や具が違い、毎日食べても飽きない料理ですよね。最近は、海外での和食人気の中で、「MISO SOUP」で通じる定番の和食料理の一つになっています。そんな味噌汁ですが、いつの時代から食卓に登場したのでしょうか。
味噌自体の歴史も含め、みそ汁の歴史についてお話ししたいと思います。

・味噌の起源と歴史
・味噌汁の歴史
・味噌汁にまつわる話

 味噌の起源と歴史

miso2
味噌は健康に良いものとされ、日本を代表する食材として認識されてますが、そもそもは古代中国から伝わってきたものなのです。伝わった当時のものは、肉や魚を漬け込んだ魚醤に近い「醤(ひしお)」や雑穀や大豆と塩から作られた「豉(くき)」と言われています。日本に伝えられた時期は飛鳥時代の7世紀頃が有力だと言われ、大宝律令が制定された701年には未醤という字が確認されています。

「みそ」と言う今の呼び名は、恐らくはこの字の読み方が みしょう→みしょ→みそ となったからだと考えられています。

それでは現代に至るまでの味噌の変遷を辿って行きましょう。

■平安時代
中国から伝わった未醤は平安時代には味噌という表現を確認されています。この時代の味噌は貴族など位の高い者たちの給料や貢物などとして扱われ、庶民には手の届かない高級品でした。

■鎌倉時代
中国から日本に渡った僧の影響により粒味噌をすり潰す調理法が広まり、水に溶けやすい特長から味噌汁が誕生しました。この時代に日本の食事の基本である「一汁一菜(主食、汁もの、おかず、香の物)」のスタイルが確立されました。

■室町時代
この時代には大豆の生産量が増えたことにより、農民たちが味噌を自家製で作るようになり庶民にも浸透するようになりました。今に伝わる味噌料理のほとんどはこの時代に作られたものと言われています。

■戦国時代
戦国武将たちの貴重なタンパク源として戦場での食料として重宝され、各地の武将もそれぞれの味噌の開発に着手しました。これらは信州味噌、豆味噌、仙台味噌など現在でも作られています。

■江戸時代
この時代には人口が増え続けたために味噌が賄い切れなくなったこともあり、各地から味噌が送り込まれました。外食産業も発展した時代でもあり、様々な味噌料理や味噌汁が庶民に馴染んでいきました。

以上が味噌の歩みとなり、そして近代日本に至ります。当時の味噌は高級品として扱われ、庶民が口にするようなものでは無かったのですが、大豆の生産量が増えたことや農民たちの工夫により現在のように一般家庭に広まっていきました。

 味噌汁の歴史

miso3味噌は初めから味噌汁に使われたわけではなく、食材につけたり、つまんでなめたりするようなものでした。また、生産量も少なかったので庶民の手に届かない高級品でしたが、農家や百姓の努力でそれぞれが家で作ることが可能になり、人々に広まっていきました。そのような中で、鎌倉時代に中国から来た唐僧が味噌をすり鉢で潰して、粒味噌を水に溶かしたことから、味噌汁が誕生したと言われています。

味噌は戦国時代に戦場で保存食として重宝され、食用以外に里芋の茎を味噌で煮込んで乾燥したものを紐などにして利用したといわれています。味噌で煮込むことによって里芋の茎は丈夫になり、重宝されました。また、食料が尽きた際にはその茎を切り刻んでお湯で煮込むことで味噌汁にすると言う使われ方もされていました。いわばインスタント味噌汁の起源とも言えます。

味噌汁には「おみおつけ」と言う呼び方もありますが、「御実御汁食」と書き、汁の上に実があり、それを食べると言う意味があります。具の少ない、もしくは質素なものを味噌汁と呼び、具がたくさん入った味噌汁のことをおみおつけと区別するようです。つまり豚汁などは大まかに言えばおみおつけの部類に入ります。

 味噌汁にまつわる話

miso鎌倉時代頃まで高級品として扱われ、後に戦国武将たちの貴重な食糧として用いられ、江戸時代には庶民に広まったとされています。現在では味噌はどこの一般家庭にも普及し、日々の食卓に頻繁に登場しているほど、家庭で親しまれる料理ですが、古くから味噌汁にまつわる話も様々あり、その一つをご紹介しましょう。

北条記で有名な北条氏政にはこんなエピソードがあります。彼はご飯の上に味噌汁をかけるいわゆる「ぶっかけ飯」が大好物でよくご飯の上に味噌汁をかけて食べていたそうです。その際、ご飯に味噌汁を何度もかける二度がけをしているところを父である北条氏康に「毎日食事をしているくせに、飯にかける汁の量も見図れないのか」として叱られていたようです。
これには諸説あるのですが、実際に氏政はご飯にかける量の加減が解らなかったらしいのですが、二度がけはやっていないと弁明をしているのだとか。

更に行軍中に畑を通りがかった氏政は麦畑を刈り取って昼飯にしたという話も有名ですが、氏政は刈り取った米や稲をすぐに食べられると勘違いしていたらしく、脱穀などの過程があることを知らずに食事の支度をしてしまったとも言われています。実際にはこれらを否定しているという話もあり、味噌汁にまつわる何とも残念な逸話が付きまとってしまった武将です。

このように味噌汁には、歴史に残る人物も日常的に味噌汁を飲まれていたことが窺えるエピソードが存在します。


味噌汁の歴史はいかがだったでしょうか?

・日本に伝わった当初は汁物に使っていなかった高級品
・粒味噌をすり潰し、水に溶いて食べ始めたのは鎌倉時代
・戦国時代には保存食、タンパク源として重宝され、ご当地味噌ができていった

古くから人々の生活に定着し、戦国武将にも愛された味噌汁は貴族から庶民まで毎日の食卓で飲まれていたことが窺えます。
戦前戦後などの貧しい暮らしの中でも豊富な栄養の味噌汁が人々の暮らしを支え続け、今の日本の暮らしを作ったのかもしれませんね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る