ブログ

今スマホを見ているその姿勢、ストレートネックの原因かも!?

首、肩に凝りや痛みがある。上を向くと首から背中にかけて痛む。手がしびれる。頭痛やめまい、耳鳴りがある。

こんな症状がある方は、もしかしたらストレートネックかもしれません。姿勢の悪さが原因で骨の形が変わってしまうストレートネック。その原因は今、パソコンまたはスマホを覗いているその姿勢にあるかもしれません。

背骨というのは本来まっすぐなものではなく、首のあたりでは前に、胸のあたりでは後ろに、腰のあたりではまた前に、緩やかなカーブを描いています。ストレートネックとは、首の骨のカーブが失われ、まっすぐになってしまっている状態です。

このカーブは、重い頭を支える働きをしていますが、カーブが失われてまっすぐになってしまうことで、それまで骨が支えていた負担を首や肩の筋肉が代わりに支えるように変化するため、首や肩、背中の痛み、手のしびれ、頭痛などの症状を引き起こします。

 最近問題視されている「スマホ」

sumaho1
首の骨は前方にカーブがありますが、スマホを操作するときのように前かがみになる、下を向くという姿勢では、このカーブに逆らった動きをすることになります。この姿勢を長時間続けると、徐々にカーブが失われていき、首の骨がまっすぐになってしまいます。
スマホを手放さず、一日中いじっている習慣のある方は、知らず知らずのうちにストレートネックが進行してしまっているかもしれません。
ストレートネックを防ぐためには、スマホを操作する際に、下を向かずに、できるだけ顔の高さに合わせるような配慮が必要です。同じ姿勢を続けることもリスクになりますので、首のためにも目のためにも、長時間の操作は控えた方がよいでしょう。

 デスクトップよりもノートパソコンが危険

sumaho2ストレートネックを抱える方が増えている原因の1つに、ノートパソコンの普及があげられます。机の上に大きな画面を表示するデスクトップパソコンに比べ、ノートパソコンではどうしても前かがみになってしまいます。
スマホ操作だけでなく、長時間パソコンに向かうデスクワークの方においても、前かがみの姿勢を長時間続けずに、こまめに身体を動かすなどの工夫が必要です。

肩や首に溜まった負担を取り除くためには、前かがみとは逆の向き、胸を反らして背中を反らせるようなストレッチが効果的です。


今回のポイントは次の3つです。

・最近ストレートネックの原因として問題になっているのは「スマホ」
・デスクトップよりもノートパソコンが危険
・ストレートネックを防ぐためには、前かがみや下を向く姿勢を長時間続けないこと

骨の変形は1度起こってしまうとなかなか治療の難しいものです。後々後悔しないよう、取り返しのつくうちに生活を見直していきましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る