ブログ

顎関節症を病院で診てもらいたい!何科に行くべき?

顎関節症(がくかんせつしょう)を病院で診てもらうためには、何科を受診すればよいか知っていますか?口の中だから歯医者さんかな?関節だから整形外科!?口腔外科って聞いたことがある、、、

顎関節症のポイントは歯の嚙み合わせです。このため、まず受診すべき科は歯科をおすすめします。歯科では対応できない状態の場合、口腔外科や耳鼻咽喉科の専門領域となります。

口腔外科ってなに?耳鼻科が口の中をみるの?と疑問に思った方もいるかもしれません。

ここでは、それぞれの診療科が何を専門としているのか、どのような違いがあるのかということに焦点を当てて解説していきます。

 歯科

dental
まず受診したいのは歯科です。顎関節症は、顎の関節がずれてしまうことで歯の嚙み合わせが合わなくなっていきますが、噛み合わせが合わないとさらに顎の関節に負担がかかり、顎関節症が進行してしまいます。
つまり、治療のポイントは嚙み合わせ=歯にあるといえます。ただし、歯科医師はあくまで歯が専門であり、施設によっては顎の関節に対応できないというところもあります。受診する際には、顎関節症を診てもらえるかどうか確認しておきましょう。

 口腔外科・耳鼻咽喉科

dental2
口腔外科とは、口の中や顎、顔を専門としている診療科です。他の科で顎関節症の診断がつくと、多くの場合で口腔外科に紹介となります。口腔外科は唯一、医師以外でもなることのできる外科医で、そのほとんどが歯科医師です。歯の専門家が、さらにその周辺知識を習得することで、噛み合わせに関してはプロ中のプロに当たります。

一方、医学領域で口腔外科と同じ領域を扱う科が耳鼻咽喉科です。耳鼻咽喉科というと、中耳炎や花粉などのイメージが強いと思いますが、実は耳鼻咽喉科の専門領域は広く、首から上の頭頸部(とうけいぶ)全般を扱っています。施設によっては、顎関節症は口腔外科で扱うと決めているところもあるようですが、顎関節症に伴って頭痛やめまい、耳鳴り、しびれ、肩や首の凝りなど、顎関節以外にも症状がみられる場合は、耳鼻咽喉科をおすすめします。

 精神科・心療内科

dental3
顎関節症のもう1つの原因に、ストレスがあります。ストレスによって無意識に歯を食いしばってしまったり、歯ぎしりをするようになると、噛み合わせに影響を与えることが知られています。また、顎関節症では、顎周辺の筋肉に常に負担がかかってしまっている状態であり、神経が過敏になっていることもあります。

すると、身体をゆっくり休めることができず、寝付けない・目が覚めてしまうなどの睡眠障害や、全身の倦怠感、食欲低下などを招きます。これらの症状によってストレスが増えると、さらに歯の食いしばりや歯ぎしりが増え、顎関節症を悪化させるという負のスパイラルに陥ります。この場合に適応となる診療科は精神科・心療内科です。


今回のポイントは次の通りです。

・顎関節症でまずかかるべきは歯科
・歯科で対応できない場合は、口腔外科または耳鼻咽喉科
・精神的なストレスが原因の場合は、精神科・心療内科

ご自分がどれに当てはまるか分からない場合、とりあえず歯科に受診または確認しましょう。適切な診療科を紹介してくれることでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る