ブログ

肝臓とお酒ってどんな関係があるの??

お酒の飲みすぎで肝臓が悪くなることが知られています。肝臓の病気になった人がいれば「あの人はお酒飲む方だから」などと言った話も聞いたことがあるかもしれません。
では、具体的にはどのようなことが起こり、具体的な症状はどんなものがあるのでしょうか?

肝臓は身体に必要な成分を合成し、身体に有害な成分を分解・解毒する働きがあります。アルコールは身体に必要のないものであり、肝臓で分解されますが、このとき有害な物質が作られてしまいます。
少量ならすぐに解毒されますが、飲酒量が多い場合は、この毒物が肝臓に留まってしまい、肝臓を傷つけてしまいます。

それでは、お酒(アルコール)によって引き起こされる肝臓の病気と、その症状、肝臓からSOSを受け取る方法をご紹介していきます。
liquar

 脂肪肝

アルコールが原因で起こりうる肝臓の病気のうち、一番多いのは「脂肪肝」です。
脂肪肝は、肝臓に中性脂肪が蓄積する病気です。健康な肝臓では、中性脂肪の蓄積は3~4%といわれていますが、
脂肪肝の場合はその10倍にのぼる30%以上の中性脂肪が蓄積している状態です。

肝臓にはアルコールの分解酵素があり、アルコールはアセトアルデヒドと呼ばれる有害な物質を経て、二酸化炭素と水に分解されます。アセトアルデヒドは、肝臓の細胞を傷つけるだけでなく、中性脂肪の分解を抑えてしまう働きがあります。

このため、アルコールは脂肪肝を引き起こす原因となるのです。肥満の方や運動習慣がない方では、通常よりも肝臓に脂肪が蓄積しやすくなっているため、特に注意が必要です。
ただし、この段階で禁酒すれば、比較的早く脂肪肝が改善することが知られています。
fat

 アルコール性肝線維症、肝硬変

アルコール性肝線維症

アルコールを飲み続けると、肝臓による分解が追い付かず、アセトアルデヒドが蓄積します。アセトアルデヒドは有害な物質で、肝臓の細胞を破壊してしまいます。
人の身体は自然治癒力があるので、多少傷つけられても治すことはできますが、このとき一部に線維化が起こります。

線維化というのは、傷口が閉じるときに引きつれて硬くなるのと同じ現象です。破壊と治癒を何度もくり返すと、正常の組織が少しずつ線維に置き換わってしまいます。この状態を「アルコール性肝線維症」と呼びます。
線維化した部分は通常の細胞と同じように働くことができないため、肝臓の機能は悪くなります。

肝硬変

アルコール性線維症がさらに悪化して、肝臓全体が線維化してしまった状態です。
肝臓で解毒する物質の1つにビリルビンがありますが、肝硬変の状態では解毒することが出来ず、皮膚や眼が黄色くなる黄疸として症状が現れます。

また、硬く縮こまった肝臓では血流が滞ってしまい腹水が溜まってきます。この他、疲れやすさや体重の減少、食欲の低下などの症状もみられます。
肝臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれており、病気が進行するまでなかなか症状が現れにくいという特徴があります。症状が出てからでは遅いのです。

 アルコールとγ(ガンマ)-GTP

beer

肝臓からのSOSを受け取るためにできる検査として、血液検査でのγ-GTPが代表的です。
γ-GTPは血液検査の項目の1つであり、その正体は肝臓やその近くにある胆道の細胞の中にある酵素です。アルコールによって肝臓やその周辺の細胞が障害されると、細胞が壊れて中にあった酵素がばらまかれ、血液中に入り込みます。

このため、γ-GTPの値で肝臓の障害度をみることができます。

γ-GTPは肝臓の障害の中でも特にアルコールによく反応することが知られているので、アルコールによる肝障害をチェックすることができます。
肝臓の障害の原因がアルコールであれば、禁酒によってすみやかに値が低くなるので、γ-GTPが高くなっている場合はまず禁酒するよう心がけましょう。


今回のポイントは次の3つです。

・お酒、アルコールによる肝臓の病気は、まず「脂肪肝」
・進行すると「アルコール性肝線維症」「肝硬変」
・沈黙の臓器からのSOSは「γ-GTP」検査

アルコールによる肝障害は、その段階が早ければ早いほど、禁酒によって改善されていきます。肝臓が悲鳴をあげる前に、アルコールとの付き合い方を見直してみましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る