ブログ

スマホをいじりすぎて手が乾燥する!?その原因とケア方法!

今やスマホは生活必需品と言われ、街中を見渡してもスマホを触っている人が必ず一人は見つかりますよね?スマホだけではなく、タブレット、カーナビ、以前からありますがATMなどタッチパネル操作をする機会がここ数年でとても増えたと思います。

そんな中、タッチパネルの反応が鈍い時がありませんか?ふと指先を見ると、乾燥していたり、ささくれだっていたりしていて、乾燥しているから反応が鈍いのか、スマホをいじりすぎて手指が乾燥してしまったのか?
その答えは、実はどちらも正しいのです。

今回はこれらについて具体的にお話をしながら原因を探っていきましょう。

 スマホと乾燥の関係

b466fb54c08b81aa0e5c5a91b726070c_s
乾燥した指でスマホを操作すると反応が悪いと感じたことはありませんか?これはタッチパネルの構造上反応が悪くなってしまうからなのです。

なぜかと言うと、タッチパネルには「静電容量式」という技術を採用しています。タッチパネルの中に流れる電気の変化を感知して動作を伝えるという仕組みです。

人の肌に触れることでタッチパネルに流れる微量の電気が肌を伝って体のほうへ流れていきます。この時の微量の電気の変化を感知してタッチパネルが反応するのです。スマホ操作の際、手が乾燥しているとタッチパネルの電気を読み取りづらくなるために反応が悪くなってしまうのです。

では、なぜスマホ操作で手と指が乾燥するのでしょう?
スマホ操作は指先で操作するため、もともと水分が少ない指先や爪に刺激を受けていて、荒れやすくなります。

そしてその荒れた手先から水分が少なくなった状態でタッチパネルなどを集中的に触り続けることで、冬などの乾燥シーズン以外でもささくれだったり、皮膚がめくれるということが起きるのです。

基本的に片手操作となるスマホですが、ネイルなど爪の長い方が多い女性は両手で操作することも多いと思います。スマホに触れている部分が多く、長時間の使用となれば指先だけではなく手の広範囲に乾燥が広がることも考えられます。

スマホに限らず、指先を長時間使うことは水分が失われていき角質化することもありえるのです。

 スマホ操作による指先のケア

179083af26b6480fdfa16b77e44dce0c_s
指先の乾燥を防ぐには水分を保つことが一番ですが、スマホを使っているとどうしても長時間触れている手の個所から水分が失われて乾燥していきます。

こういった場合はハンドクリームでのケアがおすすめです。

ハンドクリームを使えば保湿はされても、スマホがべたついたりするのではないか?と思われる人も多いと思われますが、ベタつかない、サラサラタイプのハンドクリームも数多く市販されていますので、その中からお好みのものを選んで使ってみてください。

適量を手に取って、指先から手首まですりこめば、ベタつかずしっとりとなじむはずです。そのころにはスマホ操作も問題なくできますよ。

スマホ操作の際の手先の乾燥を防ぐには以下のことを心がけましょう。

・ディスプレイの汚れを取り除く(ウェットティッシュなどで画面を拭くなど)
・指に力を入れすぎず、触れる時間や個所を分散させる
・ハンドクリームで手の保湿ケアを行う
・ハンドクリームはベタつかないタイプを使う

footer-handcream


スマホの操作をしているときに指先の乾燥を感じるのは気のせいではありません。
長時間の使用によって指先の水分が奪われることが原因なのです。

水分が少なくなると手や指先へのダメージによって皮膚がめくれたり荒れる原因になります。
手や指先のケアを行うことで乾燥は防げるでしょう。
でも、なるべくなら、スマホの長時間利用を控えることも大事ですね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る