ブログ

かぼちゃの栄養とその効果は?

家庭料理でかぼちゃを使ったレシピって結構ありますよね。主に煮物の材料として登場する事が多く、甘みを活かしてスープ、スウィーツなどの材料としても使われています。ハロウィンでも主役と言える存在で私達の生活の中でちょくちょく見かけます。しかも種まで食材として食べられるのですから、万能食材と言えます。かぼちゃの栄養価とその効果がどれほどなのか気になりませんか?

かぼちゃの栄養価と体への効果、影響を調べてみましょう。

かぼちゃに含まれる栄養素で有名成分はビタミンAです。βカロチンと言う言葉を耳にした事があると思います。それがビタミンAです。その他にビタミンB、Eに鉄分とカルシウムなどが含まれています。
食糧難の時代、戦時中はかぼちゃを栽培し、主食としていたと聞きますが、これだけの栄養素があれば頷いてしまいます。特にかぼちゃは体の免疫力を高めると言われております。
一体かぼちゃの栄養によって、どんな効果があがるのか?

・βカロチンを始めとした様々な栄養素で免疫力アップ
・豊富なビタミン、ポリフェノールの抗酸化成分が美容効果に
・食物繊維とカリウムで便秘解消

かぼちゃに含まれる栄養素はこれだけの効果が現れると言われております。
それでは一つ一つその栄養素の説明をしていきましょう。

βカロチンで免疫力アップ

かぼちゃに含まれるβカロチンは健康補助食品やサプリメントにも多く使われる成分です。βカロチンはかぼちゃ以外の緑黄色野菜にも含まれており、野菜そのものの栄養価と共に、体の免疫力を高める効果を与えてくれます。βカロチンには、抗酸化力を高め、粘膜や細胞強化の働きにより免疫力を向上させてくれます。βカロチンだけでなく、かぼちゃに含まれるビタミン群や鉄分、ミネラル、カルシウムなどの成分が疲労回復効果や体質改善の働きを行うのも免疫力向上に一役買っています。
特にビタミンCには白血球の機能を高め、ウィルスに対しての抵抗力を上げてくれます。
また、かぼちゃにはポリフェノールが含まれており、ポリフェノールには抗酸化作用やホルモン促進作用があり、動脈硬化や脳梗塞を防ぐ効果をフランスの科学者が発表しております。

このようにかぼちゃに含まれるβカロチンを始めとした様々な栄養素には、体に必要な栄養素として、様々な良い効果を与えており、老化やガンと言った重大な病気から守ろうと免疫力を高めてくれるのです。

c24e248ba4dedebef20d24fdcc8f72f1_s

豊富なビタミン、ポリフェノールの抗酸化成分が美容効果に

かぼちゃには豊富なビタミンやポリフェノールが含まれています。かぼちゃに含まれるこれらの栄養素には抗酸化作用を高め、美容やアンチエイジングに効果を発揮してくれます。
かぼちゃに含まれるビタミン、βカロチン、ビタミンC、ビタミンEは三大抗酸化ビタミンと呼ばれています。βカロチンは取り入れることで体内でビタミンAとなり、皮膚や粘膜を正常な状態に保ち、保湿効果を高め肌荒れを防ぎます。ビタミンCにはメラニン色素生成を抑制し、シミなどを防ぐ働きを持ち、コラーゲン生成による肌の潤いを保とうとしてくれます。ビタミンEには血行を良くし、新陳代謝を高める役割を果たします。これ以外にも、かぼちゃの美容成分にはポリフェノールも含まれています。このポリフェノールは赤ワインなどに含まれていることで有名ですね。やはりポリフェノールにも高い抗酸化作用があり、美容に良いとされています。

このように、かぼちゃに含まれる栄養素は美容効果の塊とも言えるでしょう。

食物繊維とカリウムで便秘解消

そしてかぼちゃには他の緑黄色野菜の例に漏れず、豊富な食物繊維が含まれています。かぼちゃの栄養素の一つである、この食物繊維、そしてカリウムは便秘解消に特に良いとされています。
食物繊維については有名な話ですが、カリウムにも便秘解消効果があるのです。かぼちゃに含まれるカリウムと言う栄養素は、体内のナトリウムや水分の排出に作用し、酵素の活性化をする効果があります。元々カリウムには利尿作用があると言われていますが、この酵素を活性化させると言う効果で腸内を活発にさせる作用も働くのです。酵素は人間が生命活動を維持するのに重要な栄養素です。当然、酵素が働かなければ体がちゃんと機能しないと言うことなので、排泄活動も正常には働かない事に繋がります。

腸の蠕動運動を促進させ、便の量を増やす食物繊維と排泄促進効果と効果の活性化を促すカリウムは、便秘に悩まされている方々の大きなサポートになるでしょう。


かぼちゃに含まれる栄養素には人間が活動する上で重要かつ、高い効果があると言うお話をしました。
古くから食料として使われているかぼちゃはとても身近な存在です。元々栄養価の高い食材として言われて来ましたが、近年の研究によって様々な効果や栄養素も発見されてきています。かぼちゃに含まれるポリフェノールには、抗酸化作用やホルモン促進作用があり、動脈硬化や脳梗塞を防ぐ効果があると、フランスの科学者によって発表されました。ビタミンなど馴染みのある栄養素から、βカロチンやポリフェノールと言った栄養素も、最近ではサプリメントや健康補助食品だけではなく、お菓子などにも使われています。最近になって耳にするような言葉でも、昔からあるものに含まれていた栄養なんですね。

・βカロチンを始めとした様々な栄養素で免疫力アップ
・豊富なビタミン、ポリフェノールの抗酸化成分が美容効果に
・食物繊維とカリウムで便秘解消

かぼちゃには、成人病や老化などを防ぐこれらの栄養素がたっぷりと詰まっています。ありふれた平凡な食材と思っていても、効果を知った後だと見方が今までとは違ったものになりますね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る