ブログ

インフルエンザの出席停止期間は!?学校は休むべき?

私は子どもの頃本当に風邪をひかない子で、学校休めていいなーとか、治ってからも来なくていい日があるなんて羨ましい!なんて思っていたことがありました。

インフルエンザにかかった時の出席停止期間、これはきちんと法律で決められていることなんですよ。何日間休む必要があるのか、どうして休まなければいけないのか、知っていますか?

「学校保健安全法」では、インフルエンザにかかると、短くても5日間は必ず出席停止とすることが決められています。では、日数はどうやって決めるのでしょうか。出席停止が解除される基準にはなにがあるのでしょうか。
そもそも、なぜインフルエンザには出席停止期間が設けられているのでしょうか。今回はインフルエンザと出席停止期間について、詳しくお話していきます!
ちなみに今回は、小学校から大学までを対象にしています。幼稚園や保育園は基準が異なります。

出席停止期間は「発症から5日間」かつ「解熱後2日間」

熱が38度以上にあがった時を「発症」として、発症から5日間は出席停止となっています。

ここで、発症した日を0日目とするので、そこから5日間休むとなると、次の登校日は最短で発症から6日目になります。
また、解熱してからも丸々2日間休まなければいけないという決まりもあります。解熱したら、次の日と、その次の日はお休みです。

この2つの条件をどちらも満たしていないといけません。

例えば、発症から2日後に解熱したとします。そこから丸々2日休んでも、まだ4日しか休んでいませんね。この場合、もう1日休むことになります。
発症から4日後に解熱した場合は、そこから丸々2日休むので、合計6日間休むことになります。

これは「学校保健安全法」で定められていることなので、社会人の場合は、必ずしもこれに従うとは限りません。

この法律に準じた方が安全ではありますが、上司や主治医とよく相談して、お休みの期間を決めましょう。

インフルエンザの感染力の高さは異常!

なぜインフルエンザには出席停止期間が設けられているのかというと、感染力がものすごく高いことが理由です。

インフルエンザウイルスは発症から3日間は感染力が高いといわれています。今では、インフルエンザに有効な抗インフルエンザ薬があることで、発症から1,2日で熱が下がることも珍しくなくなってきました。

でも、熱が下がっても、それは薬の効果であって、インフルエンザウイルスの感染力が低くなったわけではないのです。




インフルエンザは主に飛沫感染をします。これは、インフルエンザウイルスを持っている人が咳やくしゃみをすることでウイルスが1~2m飛び、近くにいる健康な人の身体の中にウイルスが侵入していく感染方法です。
また、インフルエンザの症状として、咳やくしゃみなどの呼吸器の症状は、熱が下がってからでも続くといわれています。

つまり、治ったと思って解熱後すぐに外出してしまうと、まだ身体の中にいる感染力の高いウイルスを、咳やくしゃみでばらまいてしまうことになるのです。
このため、インフルエンザの出席停止期間には「解熱後2日」という条件があるんですね。

今回のポイントは、

出席停止期間

という2点です。

特に小さい子どもは免疫力が低く、成人と比べると症状が長引く可能性や合併症の危険性も高くなっているので、気を付けていかなければいけませんね!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る