ブログ

免疫力を上げる食事とは!?毎日の食事に取り入れたい食材はこれ!!

免疫力は食事によって上げることができるということを知っていますか?
免疫力は食事による影響を多いに受けます。免疫力を高めるためには、腸内細菌を増やす発酵食品、抗酸化作用を高めるビタミンが豊富な野菜や果物、免疫細胞のもととなる魚類や肉類などの摂取がポイントになります。
それぞれどのような食材が有効なのかを具体的に挙げながら、毎日の食事に取り入れたい食品についてご紹介していきます。
記事用 朝食

腸内細菌を増やす

免疫細胞のうち7割は腸に存在するといわれています。病原体は鼻や口を通って人の身体の中に侵入すると、そこから先は食べ物と同じように胃を通って小腸、大腸までたどり着き、定着する場所を探します。口から肛門までの消化管は、身体の内側にありながら、外界と同じ環境にさらされているのです。

これに抵抗するため、腸内には多数の免疫細胞が集まり、身体の中でも最大の免疫器官と考えられています。免疫力を高めるためには、免疫の中心となっている腸内環境を整えることが大切です。腸内細菌を増やすことのできる食品は、発酵食品です。代表的なものとして、チーズやヨーグルトに含まれる乳酸菌があります。

この他、納豆に含まれる納豆菌、みそや豆腐に含まれる麹菌、日本酒やパンに含まれる酵母菌などの有効です。
404e2ea5d443697dbe48f20fa4f23fe2_s

抗酸化作用を活性化させる

抗酸化作用とは、細胞を壊してしまう活性酸素の働きを抑えるものです。私たちの身体は酸素を使って栄養分を分解し、エネルギーを作り出しています。この過程で、活性酸素が発生します。

これだけなら、身体がもともともつ抗酸化作用で対応できるのですが、活性酸素が過剰に増えてしまうと対処が追い付かなくなり、暴走してしまう結果免疫細胞も傷つけられてしまうのです。

活性酸素が発生する原因には、ストレスや紫外線、喫煙、飲酒などが知られています。免疫力を高めるためには、活性酸素の過剰な活動を抑えることが必要になります。

この効果を持つのが、抗酸化作用です。抗酸化作用をもつ栄養素には、ビタミンA、C、Eなどがあります。
ビタミンAはにんじんやトマトに多く含まれます。ビタミンCはキウイ、バナナ、みかん、パイナップルなどに多く、ビタミンEはアーモンドや落花生に豊富なビタミンです。
静電気2

たんぱく質を摂る

免疫細胞はタンパク質から作られます。免疫細胞は昼夜を問わず働き続けているので、毎日大量に消費されています。このため、新たな免疫細胞を作り出し、免疫力を高めるためには、そのもととなるタンパク質の摂取が必須となります。
タンパク質は魚類、肉類、卵、大豆などに含まれています。

このとき、タンパク質と一緒に脂質を摂りすぎないことが大切です。脂っこい肉は消化に時間がかかります。消化に時間がかかればその分消化管にも負担がかかり、疲労してしまうと免疫力の低下を招く原因にもなります。


免疫力を高める食事では、次の3つを意識しましょう。

≫腸内細菌を増やすヨーグルト、味噌などの発酵食品
≫抗酸化作用を活性化させるビタミンA、C、E
≫免疫細胞を作るタンパク質が豊富な魚類、肉類

毎日取る食事を少しずつ意識すれば、免疫力を確実に高め、健康な身体を作っていきましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る