ブログ

お白湯は朝飲むべき?夜飲むべき?

「お白湯は身体にいい!」
昔から言われていますから、1度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
最近では、女優さんやモデルさんがお白湯を飲むなんてこともよく目にします。

じゃあ私も飲んでみよう!と思われて、これを読んでいる方も多いかもしれません。
飲むだけでも健康に良いのですが、そのタイミング、飲み方も重要です。

体に良いからと言って闇雲に飲むだけではいけません。ただ飲むだけではかえって逆効果になる事だってありえるのです。そうならない為にも、正しい飲み方で健康的にお白湯を取り入れましょう。




では飲むのはいつがベストなのか?

お白湯を飲むタイミングはズバリ、

です!

それは、いろいろな理由が挙げられます。

・起きた直後は喉が渇くから
・口に違和感を感じるから
・寝ぼけた頭をしゃっきりさせる為
・睡眠中に汗をかいたので、水分補給に

色々な理由がありますが、それはつまり体が求めているからです。

朝に一杯のお白湯を取り込む事は、体の機能を活発化させ、一日を快適に過ごす為の働きをしてくれます。夜寝る前の水分補給で飲むのも決して間違いというわけではありませんが、
夜飲むとむくみの元となるので、やはりお白湯を飲むタイミングは朝が一番良いと考えられます。
それでは、
「朝に飲むお白湯は体調を整える為の潤滑油」「夜のお白湯はむくみの元となる」理由を詳しく見ていきましょう。

ec17aac7df06c3c2048e6654b8444731_s

■朝に飲むお白湯は体調を整える為の潤滑油

朝起きると布団が汗でぐっしょり、なんて経験ありますよね?これは寝てる間に新陳代謝が起こり、体中の老廃物を排出しているからなのです。寝てる間も体力を使うと言われるのはそのためです。

寝起きは水分が消耗された状態で、特に喉が渇くものです。その時こそお白湯を用意し、体に流し込むタイミングという訳です。

「それなら水でも良いんじゃないの?」と疑問に思うことでしょう。
起きたばかりの体はまだ覚醒しきっておらず、刺激に弱い状態となっています。いきなり冷たい水や熱いお湯を流し込んでしまうと胃腸を刺激してしまい、変調をきたす原因になりかねません。




そして内臓は温度を上げる事でその機能を高めます。体温に近い物を受け入れるという事は、なじみやすく代謝を促すには丁度良いのです。つまり朝はお白湯を受け入れるには良いタイミングなのです。

なぜ汗をかいた時に水ではなくお白湯を飲む事がタイミングとして一番良いのか。

汗をかいた時や風呂上りに飲む一杯は最高ですよね。キンキンに冷えたドリンクやビールはなんとも言えません。
確かに熱中症にかかった場合等は、脱水症状による体温上昇が懸念される為、上がった体温を冷ます為に冷たい物を取り入れる必要があります。そういった重症例の場合は冷たい飲み物が良いでしょう。

日常生活で汗をかくケースってどんな時でしょう?暑い日だったり、スポーツをした時や風呂上りなどもそうですね。寝ている時にも汗をかきます。この寝ている時に汗と共に体から老廃物が排出されているのです。
そして目が覚める時間帯はほとんどの人は朝方ですよね?以上の事から、お白湯を飲むタイミングは朝がベストと考えられます。


夜のお白湯はむくみの元

よく朝起きた時と寝る前に水分を取っておくと良いと言われてます。朝は睡眠中に汗をかいた分の水分を補うのと、起きぬけの頭をすっきりさせる為。夜はこれから汗をかく為、脱水症状にならないように適度に水分を保つ為です。
しかし、夜の水分の取りすぎはむくみの元となってしまいます。これはお白湯でも例外ではありません。眠っている時は体の機能が低下している為、代謝が起こりにくく、横になった状態だと体の様々な部分に負担がかかります。
その為寝てる時ほど体中の血液の循環が鈍くなり、朝起きた時は血液がベトベトの状態なのです。

むくみの元となるのは水分を多く取って、この状態でいる事が原因なのです。

しかし、朝起きてお白湯を取るという事は、睡眠中に濁った血液をサラサラにしてくれる効果もあるのです。寝起き直後は体から水分が不足している状態です。
水を飲む事で水分が補給できますが、ここでお白湯を飲む事をなぜすすめるかと言うと、お白湯を飲む事で水分の補給と、眠った体を覚醒させる事が両立できます。
人間の体温は大体36.5度前後あり、お白湯は温度がお湯より低く、水より高く、体温に近い飲料と言えます。温度が人の体温に近いという事は体に負担を与えず、体になじんだ状態で取り入れる事ができます。

内臓は温度を上げる事によって代謝を高め、体中の毒素を体の外に追い出し、体内の機能を高めてくれます。そして睡眠中に圧迫された血管により、濁った血液を元のサラサラな状態に戻してくれるのです。
また、腸内活動を活発にさせる事により、栄養の吸収を促進させたり、便秘改善に役立ってくれるのです。

このように、朝お白湯を飲む事で一日の準備をより万全にする事ができるからです。

いつ飲んでも体に悪いと言う事はありませんが、やはりお白湯は朝飲んでおく事がタイミング的にベストと考えます。

0942f721decdf4a4075c3c395981c9e6_s


お白湯を飲むタイミングにも良し悪しがあると言うのはおわかりりいただけたでしょうか?
寝てる時って思った以上に体に負担がかかるものなのです。その負担から開放し、消耗した体を癒してくれる効果がお白湯にはあるのです。

お白湯は朝飲むべき

以上、朝お白湯を飲む事を強くすすめる理由となります。
先にも話しましたが、体に良いからと言って、飲み過ぎは体を壊す元なので気をつけてくださいね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る