ブログ

静電気を防止できる?その場でできる方法とは!?

不意に襲う「ビリッ」とした痛み。皆さんも静電気によるそんな経験がありますね?あのなんともいやらしい静電気の痛みを何とかして防止したいと人もは多いはず。特に空気が乾燥してる時期の、あの静電気の嫌な感じをなんとかして防止する方法や対策を考えてみたいと思います。

そもそも静電気とは、体や身の回りに帯電した電気によって起こるものです。この帯電している状態から電気を外に逃せば静電気を防止することができます。それは特殊な道具を使うことなく、どこにでもある身の回りのものなどで静電気を防ぐことはできます。




方法としては、大きくわけて2つあります。

・電気を通しやすいものにあらかじめ触れておく
・静電気を通しやすいもの、同じ素材のものを身に着ける

それではさらに詳しく説明をしていきたいと思います。

電気を通しやすいものにあらかじめ触れておく

電気を通しやすいものというと何を想像しますか?

 水

water
まず真っ先に思い浮かぶのが水ではないでしょうか?空気が乾燥していると外に電気を逃がしにくくなってしまい、静電気が発生しやすくなる状況を作りやすいのです。ですから乾燥肌の方は比較的静電気を起こしやすいと言えるでしょう。この場合は肌の保湿を保てば良いので、ハンドクリームを塗ったり、日頃から髪の手入れを欠かさず、トリートメントなどを行っておくと良いでしょう。
直接水で濡らすという手もありますが、濡れた手であちこちに触れるのは迷惑になるので、気をつけましょう。

 金属

金、銀、銅、鉄、アルミニウムなどは伝導性に優れ、様々な電子機器の配線や電気回路の一部として使われています。金や銀は高価なのですぐに用意するというのは難しいと思いますが、1円玉や10円玉、鍵やキーホルダーなどを触るだけでも電気を逃がす役割を果たしてくれるので、それらを使うと良いでしょう。
また、木や石を触ることでも電気を逃がすことはできるので、壁や地面に触れるだけでも静電気は防止できます。



静電気を通しやすいもの、同じ素材のものを身に着ける

f8e7456b26d25c8bd84493233f443367_s
身に着けている服が擦れることでも静電気は発生します。それなら静電気が発生しにくい、静電気を通しやすいものを身に付けていれば防止できる、単純な理由ですが効果的な方法なんです。
例えば、空気中にも水分は存在しているので、普段私たちは気づかないうちに身の回りの水分に触れている状態です。それを逆手に取り、吸水性の高い服を身に着けていれば静電気防止に一役買ってくれるという訳です。

服の素材として使われているもので、吸水性の高いものですと、綿が該当します。麻やシルクも確かに吸水性は高いのですが、こちらも高級素材が含まれているので綿がお手軽で良いでしょう。

また、電気には+と-があり、それは静電気でも同じです。プラスに帯電しやすい素材とマイナスに帯電しやすい素材はお互いが引き寄せあい、静電気を起こしやすくなります。ですから、できるだけ同じ材質のものを身に付けるとよいでしょう。

その他電気を通さない材質のゴムなどは体に静電気を溜めやすく、外に逃げにくくなるので靴やバンドなどの材質もチェックしておくと良いでしょう。


厄介な静電気の防止方法、いかがだったでしょうか?
意外と身近なものでも予防できるものなのです。静電気を通しやすいものとそうでないもの、静電気にはプラスとマイナスという2つの性質がある。これらをしっかり理解しておけば静電気の対策は可能なのです。

・電気を通しやすいものにあらかじめ触れておく
・静電気を通しやすいもの、同じ素材のものを身に着ける

自分の身の回りのものを把握し、上手く利用していけば静電気にビクビクすることもなく、いたって気楽にすることができますので、これからは周辺のものに少しだけ目を向けてみてはどうでしょうか?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る