ブログ

子どもの目やにが増える原因とは!!風邪で目やにが増える!?

子どもの目から黄色や緑色みたいな目やにが出ているっ!親なら慌ててしまいそうになりますよね。

病院に連れて行った方がいいのか、目薬を差して様子を見た方がいいのか原因がわからず対処法に悩んでしまいます。それに、目やにが出ている時、熱や咳などの病気に一緒にかかっていることもよくあります。

子どもは元々、大人よりも目やにが増えやすい特徴があります。
小さい子は何を触ったかわからない手で平気で目をこすってしまい、たくさんの細菌やウィルスが目から入ってしまいます。

今回は、子どもの目やにが増える代表的な原因についてご紹介していきますね。

その前に、そもそも目やには2つの意味があります。

1つは、目の代謝としての働きです。
私たちの身体の細胞は、常に新しいものが作られ、古いものと入れ替わっています。この老廃物が目やにとしてかたまりを作ります。

もう1つの役割は、異物に対する免疫反応です。
ほこりや細菌などの異物が目に付着した際に、免疫細胞が目の表面で異物を貪食し、戦い終わった免疫細胞と分解された異物が目やにになります。

そして、これらの目やにの一部は鼻涙管を通って鼻腔に排泄されます。
目の代謝量は日によって大きく変動するものではないので、目やにが増えた場合は、なにかしらの異物による免疫反応が起きている、または排泄経路に異常があると考えられます。

それらが起こりやすい主な原因は、

・風邪
・結膜炎
・涙嚢炎(るいのうえん)

です。

次にそれぞれについて、詳しくみていくことにしましょう。


 風邪

大人では風邪の際に目やにが増えるということはあまり聞きませんが、子どもではよくあることです。
というのも、子どもは顔が小さいため、目と鼻の距離が短くなっています。目頭と鼻の間には鼻涙管という管が通っており、目の老廃物は涙と一緒に鼻涙管を下っていって、目やにの一部は鼻水になります。

風邪で鼻の粘膜に炎症が起き、鼻腔が腫れたり、膿が溜まると、鼻涙管が詰まってしまいます。
すると、それまで鼻から排泄されていた分の目やにがせき止められてしまい、結果として目やにが増加します。

f935b6f7b9c99347f054babd9a735b24_s

 結膜炎

結膜とは白目の部分で、外界と直に接しているために比較的炎症が起こりやすい場所です。
結膜炎では、目やにの増加の他、かゆみや異物感、充血、まぶたの腫れなどがみられます。

結膜炎には大きく3種類に分けられます。

細菌性結膜炎

細菌性結膜炎の原因菌にはインフルエンザ菌、黄色ブドウ球菌などがあります。目やにの増加は必須で、特徴としては黄色または緑色の目やにがみられます。

ウイルス性結膜炎

ウイルス性結膜炎の原因ウイルスはアデノウイルス、エンテロウイルスなどがあります。
ウイルス性結膜炎は細菌性結膜炎と比べると感染力が高く、保育園や学校で集団感染を起こす危険性があります。
特にアデノウイルスによる結膜炎は別名プール熱とも呼ばれており、夏休みにプールで感染が広がってしまうため、注意が必要なウイルスです。

ウイルス性結膜炎の目やにはウイルスの種類によって異なり、水のようにさらさらしていることもあれば、白くどろっとして朝目が開かないほど大量に出ることもあります。

アレルギー性結膜炎

花粉やハウスダストなどが原因で生じる結膜炎です。季節に合わせて症状が出る場合は花粉、一年中症状のある場合はハウスダストが原因として有力です。
目やにの特徴としては、水のようにさらさらしています。くしゃみや鼻詰まりなど、他にアレルギーのような症状がみられれば、より診断に近づきます。

2d639edb5892f0711ca2ee7aab53db3d_s

 涙嚢炎(るいのうえん)

涙腺で作られた涙は目の粘膜の保護に使われますが、余分に作られた分の涙は涙嚢という袋に蓄えられ、鼻涙管を通って排泄されていきます。
先天的に鼻涙管の形に異常がある場合や、風邪や鼻炎などで鼻涙管が詰まってしまった場合、涙は排泄されずに涙嚢に留まります。

涙の流れが滞ると、そこには細菌が感染しやすくなり、涙嚢で炎症が起こったものを涙嚢炎と呼びます。
涙が排泄されないために涙が溢れ、一緒に排泄されていた老廃物も溜まってしまうため、目やにが増加します。


子どもに目やにが見られる原因は次の3つです。

・風邪(子どもは目と鼻の距離が短い)
・結膜炎(子どもに特に多いのがプール熱)
・涙嚢炎(先天性の場合は産まれてまもなくから目やにが増える)

目やにが気になって強くこすってしまえば、将来視力が低下してしまう原因にもなりかねません。目をこすらないよう言い聞かせ、悪化させないためにも手は清潔に保ち、将来の視力を守ってあげましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る