ブログ

トマトに含まれるリコピンの効果とは?

ダイエット中にもよく食べられるトマトは栄養も豊富で美容健康食として挙げられます。このトマトの栄養成分に含まれるリコピンにその秘密が隠されているのです。リコピンの栄養効果にはどのようなものが秘められているのでしょうか?

トマトは低カロリーで栄養豊富な食べ物です。美肌や風邪予防などにも役立つビタミンCや食物繊維などを含んだ健康野菜です。そんなトマトの栄養素の中でも特に注目されているのがリコピンと呼ばれるものです。このリコピンの栄養素にはどのようなものがあるのでしょうか?

・リコピンとは何か?
・リコピンの健康効果

今回はこれらの内容でリコピンについてご説明いたします。

リコピンとは何か?

トマトに栄養に含まれるリコピンとはカロテノイドと呼ばれるものの一種で、脂溶性の赤い天然色素です。赤い野菜と言うとにんじんなどを思い浮かべますが、これらはカロテノイドによって着色されているのです。カロテノイドは別名でカロチノイドと呼ばれ、活性酸素を消す強力な抗酸化力を持つことが特徴です。

ちなみにカロテノイドは自然界の微生物、動物、植物などからおよそ750種類以上のものが同定されており、フラミンゴやザリガニなどの体表面の着色効果にも働いています。

29a2afd568cbfe129f9c243abf0a4e90_s

リコピンの健康効果

トマトの持つ栄養の特徴として強い抗酸化力があり、これにはリコピンの持つ抗酸化力の働きによるものです。リコピンの持つ抗酸化力にはどのような健康効果があるのをまとめてみました。

・生活習慣病予防
・美肌効果
・アンチエイジング
・悪玉コレステロールの酸化防止
・血流改善
・肥満防止

抗酸化力を高めることで期待される効果は老化防止に成人病予防などが挙げられます。同じく抗酸化力を高める栄養素としてαカロチン、βカロチン、ルティンなどが挙げられますが、リコピンはその中でも特に抗酸化力が強く、ビタミンEの約100倍と言われています。トマトの持つ健康効果の一つである抗酸化力はリコピンによってもたらされているのです。

まだ熟していない青い状態が赤くなるのは、日光を浴びて緑色の色素であるクロロフィルが分解を起こしリコピンに変わるからです。未成熟の状態だとリコピンもそれだけ含んでいないと言うことになりますので、トマトが真っ赤に染まっているのもそれだけリコピンを含んでいるという目安になります。食材選びの時の目安にすると良いでしょう。

1d1940c82953509b50a4e1706e98775d_s


トマトが赤いのにはこのような理由があり、老化防止などの美容を保つための重要な栄養素がリコピンに含まれていたと言うのには驚かされます。

・カロテノイドの一種で、赤い天然色素。活性酸素を消す強力な抗酸化力を持っている
・抗酸化力はビタミンEの約100倍!
・生活習慣病予防、美肌効果、アンチエイジング、肥満防止など様々な効果がある

今回のお話で自然界の赤い色をした食物を見る目が変わりましたよね?トマトに限らず赤いものを併せて食べるのも美容と健康を保つのに良いかもしれません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る