ブログ

トマトダイエットの方法は?

健康野菜として有名なトマトはダイエットの食材にもよく使われていますが、トマトの効果的なダイエットの方法について調べてみましょう。

低カロリーで抗酸化力が強いトマトはダイエット方法として優れた食材です。ダイエット中は不足しがちな栄養素を補給でき、脂肪燃焼効果があるとあっては試さない手はありませんね。そこでトマトダイエットをいかに効率的に行うかの方法を挙げてみました。

・なぜトマトがダイエットに適しているのか
・効果的なトマトダイエット
・トマトダイエットレシピ

これらのポイントを押さえればきっとトマトダイエットをより効果的なものにしてくれるでしょう。それでは順にご説明していきます。

なぜトマトがダイエットに適しているのか

トマトダイエットの方法は、ずばりトマトを食べるだけで済むと言うことにあります。それだけでなぜダイエットになるのかと言うと、トマトにはダイエットに効果のある栄養素が豊富に含まれているからです。トマトに含まれる栄養素でダイエットに重要な栄養成分を挙げていきましょう。

■代謝を活性化させるビタミンとミネラル
・ビタミンC
・ビタミンE
・カリウム
・リコピン

これらの栄養成分は成長ホルモンの分泌を促し、新陳代謝を活性化させる役割を持ちます。ダイエットの効果を助長させるには成長ホルモンの分泌が重要です。

■便通をよくする食物繊維
・ペクチン

食物繊維にはペクチンと言う種類があり、トマトにはこのペクチンが豊富に含まれています。食物繊維は便秘の解消に重要な栄養素で、ペクチンには脂肪吸収とコレステロール値を下げる効果も期待
できます。

■脂肪の燃焼効率を上げる脂肪酸
トマトに含まれる脂肪酸には中性脂肪の燃焼を促進させる働きもあります。また、血中の脂肪の増加を抑える効果もあることが研究で発表されています。

以上のことからトマトダがダイエットに適しているのは、ダイエットに重要な代謝促進や太りにくくすると言った効果があるからなのです。

d8783e2ecce961cb90d30c6816610610_s

効果的なトマトダイエット

トマトダイエットとは文字通りトマトを食べることで行うダイエットの方法です。ダイエットに必要な要素を含むトマトの栄養成分があるからこその方法ですが、更に効果を上げることができます。その方法は「夜にトマトを食べること」です。
なぜ夜に食べるかと言うと、理由がこちらになります。

・成長ホルモンは夜に分泌される
・体の機能が低下する睡眠中に代謝を助ける

成長ホルモンの分泌と代謝を活性化させる効果を持つリコピンに代表される栄養成分がトマトに含まれていることと、夜に蓄積されやすい中性脂肪の燃焼を促すためです。トマトの調理法には特に制限はありません。生のままでも、火を通したものでもジュースでも構いません。とにかく夜食べることが大事なのです。

ba0d6ccb48fee213030b2016a953c018_s

トマトダイエットレシピ

トマトをとにかく食べることがトマトダイエットの方法ですが、どうせなら美味しく食べてダイエットを行う方がモチベーションも保てるでしょう。そこでオススメのトマトダイエットレシピをご紹介します。

・蒸しトマト
トマトにバター1かけと醤油とこしょうなどで味付けしてレンジで温めるだけ。味付けは好みで調整できます。

・トマトステーキ
トマトを適宜輪切りにして塩コショウ、バターなどで味付けします。付け合わせに野菜などを加えると良いでしょう。

・トマトと卵の炒め煮
溶き卵に火を加えていき、卵の底の方が固まってきたらゆっくりと大きく混ぜ合わせます。そこに乱切りのトマトを加え、塩、砂糖、こしょうなどで味付けをしていきます。トマトはホールトマトなどでも代用できます。とろみをつける場合には味を調えた際に片栗粉を混ぜ合わせると良いでしょう。

トマトダイエットはとにかくトマトを食べることが大事なので、自分に合った食べ方や味つけをしていけばダイエットを楽しくなると思います。ぜひ試してみてください!

c7cf2e30a7b4063f1a71ddcfb23480dd_s


今回お話ししたトマトダイエットの内容はどうだったでしょうか?トマトを食べ続けることがダイエットになると言うとても簡単な方法です。

・なぜトマトがダイエットに適しているのか
・効果的なトマトダイエット
・トマトダイエットレシピ

ダイエットと聞くとキツイと思いがちですが、工夫次第でとてもラクに楽しく行えます。今回のお話の内容を皆さんなりにアレンジして試してみてくださいね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る