ブログ

髭を抜くと起こる肌のトラブルとは?

髭の処理方法には剃る以外に抜くと言う方法があります。ところがこの髭を抜くと言う行為には様々な肌の不調を訴える場合があります。髭を抜く事で起こる肌のトラブルにはどんなものがあるのでしょうか?

髭を抜く事で起こりうるトラブルには様々ありますが、若いうちは代謝も活発で肌が回復修復しやすい為にあまり気にならない人が多いかもしれません。しかし髭を抜く事で以下のトラブルが起こりえるのです。

・毛嚢炎
・色素沈着
・埋没毛

それではこれらの症状と対策法についての解説をしていきます。

毛嚢炎

「もうのうえん」と呼ばれるもので、髭を抜く事で肌にニキビに似た炎症が起こる症状で最も多い肌のトラブルです。髭を抜く事で毛穴の中が傷つき、傷口から細菌が侵入してしまい起こる症状です。抜いた毛穴の周りが炎症を起こし、悪化した場合は化膿し膿が溜まるなどニキビとほぼ同じような状態になります。

症状が軽い場合には何もしなくても自然治癒しますが、悪化してしまった場合には医者に診てもらい抗生物質の服用や塗り薬、膿を取り出す為に切開が必要になるケースもあります。炎症が起きた部分を消毒したり清潔な状態を保つ事で対策は出来ますので、もし髭を抜いた場合には清潔にする事を心がけてください。

d3a3869eae5d38f08417034f3b40f58d_s

色素沈着

日焼けなどで肌が黒くなる事も色素沈着が原因ですが、髭を抜く事で起こるトラブルにこの色素沈着も挙げられます。この色素沈着はメラニン色素と血液中にあるヘモグロビンが影響している事が原因です。髭を抜く事で皮膚が刺激され、皮膚を守る為にメラニン色素が作られます。
肌のシミなどは肌にダメージを与え続け結果、メラニン色素が活発化して浮かび上がるのが原因です。それと同じように毛穴を刺激する事でメラニン色素が活発化され、色素沈着が起こるのです。

もう一つの理由が髭を抜く事で毛穴や皮膚を傷つけ、毛細血管が破れてしまい、血液中のヘモグロビンが皮膚に付着する事で色が赤黒、もしくは紫色に変色していきます。

継続的に髭を抜く事でこれら色素沈着が起こる可能性がグッと高まるので、髭を抜くなどの刺激を与える行為は控えてくださいね。

22992a9dbd990f11e8e06968367b0be4_s

埋没毛

「まいぼつもう」と読み、「埋もれ毛」、「埋まり毛」とも呼ばれる症状です。髭を引き抜く事で肌が傷ついてしまい、抜いた髭が途中で切れて毛穴から出る前に肌が再生してしまい切れた毛が塞がれた状態の事を言います。簡単に説明すると切れた髭の一部が毛穴の中で閉じ込められた状態です。髭を抜く事で起こるトラブルの中では比較的被害は少なく、そのまま放置していてもそのうち皮膚の外に自然に排出されるのですが、場合によっては炎症や痒み、色素沈着などが起こる事もあります。
特に重症化する事はあまりありませんが、酷い場合には肌を切開して残った髭を抜く必要が出てきます。

埋没毛だからと言って慌てて抜いてしまうと、同じ場所に埋没毛が出来てしまい同じ事を繰り返す事になります。対策は以下に挙げます。

・風呂上りなどで肌をほぐし、柔らかくなった所を抜き取る
・肌に優しい洗顔料などで刺激を与えず洗顔する

これらを守る事で埋没毛を処理する事が出来ますが、髭を無理やり抜いて埋没毛を作らない事が一番良いでしょう。

933f88ee8e453f8b4a350d8d2145eb16_s

今回の髭を抜く事で肌に様々なトラブルを招く原因となるお話はどうでしたか?髭を抜く事で発生するデメリットはとても大きいのです。

・毛嚢炎
・色素沈着
・埋没毛

髭は抜くのではなく剃る事で、これらの肌のトラブルを避ける事ができます。もちろん、髭を剃ったままにするだけではなく、その後に洗顔などで顔を清潔に保つなどのケアを忘れずにしてくださいね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る