ブログ

髭剃りで肌荒れしない対策は?

髭剃り後に肌が赤く腫れたり痒みを伴ったりするのはカミソリの刃が肌にダメージを与える事で起こる症状です。肌にダメージさえ与えなければ、そもそも肌荒れなどは起こらないのです。この髭剃りによって起こる肌荒れを防ぐ対策法にはどのようなものがあるのでしょうか?

カミソリの刃が肌の表面にある角質層を傷つけてしまう事で肌荒れが起きてしまいます。角質層には肌の表面の水分を保ち、細菌などから身を守る役割があります。髭剃りの際にこの角質層を守る事が肌荒れ対策となります。

・髭を剃る前の準備
・髭剃り中に気をつける事
・髭剃り後のケア

この3点を徹底しておけば肌荒れを防ぐ事に繋がるでしょう。では今回の髭剃りで肌荒れしない対策法のポイントを説明していきます。

髭を剃る前に行う事

髭の手入れをする前にまず確認しておく事があります。いわゆる髭剃りによる肌荒れ、「カミソリ負け」とは「尋常性毛瘡」と呼ばれる症状です。カミソリの刃で傷つけられた肌や角質層に細菌が入り、炎症、化膿、出血などの症状が見えます。毎日髭を剃る事でダメージが積み重ねられ、悪化していく恐れがあるものです。こうならない為に髭を剃る前にやっておくべき肌荒れ対策が必要です。

・カミソリ選び
・肌ケアは万全か?
・シェービングクリームなどを使う

髭剃りの際の肌荒れ対策には、まずこれらを考え直すべきでしょう。まず最初のカミソリ選びですが、粗悪品などを使って肌を傷つけるパターンです。肌に合わないカミソリの使用は無駄に肌を傷めつけるだけですので、即座にカミソリを変えるかシェーバーなどに切り替えましょう。軽いものや刃の枚数が多いものなどは深剃りにも適しておりオススメです。また、逆剃りなどの使い方にも問題があるかもしれませんので、使い方の見直しもしてみましょう。

次に、カミソリを当てる肌の表面はしっかりとお手入れされているかです。元々肌がカサついていたり、髭があまり手入れされていなければ肌荒れが酷くなるだけですので対策のしようがありません。まずは洗顔し、髭を濡らして柔らかくしておきましょう。理髪店などでサービスとして行ってもらえる蒸しタオルなどは髭を柔らかくするにはとても効果が高いので、髭剃り時の対策として良いでしょう。

最後にシェービングクリームの使用ですが、これは肌につける事で髭を柔らかくし、肌の表面にも適度な水分を与えてスムーズにカミソリを動かしてくれます。これにはカミソリと肌の表面の摩擦を減らし、肌への負担を減らす効果があるのです。クリームの量は少ないと意味が無いので、洗顔後にはきっちりと泡を立てて剃る部分全体に塗ってくださいね。

c80f4978a21f998bb78c75e8cbcca2b9_s

髭を剃る前の準備

髭剃り前に肌荒れ対策が終わったら、次は剃る時の注意です。肌荒れの原因は何もカミソリや肌の状態だけではなく、剃り方に問題がある場合もあるのです。まず先に「髭の流れに沿って剃れているか」確認しましょう。剃り残しがある場合は流れとは逆の剃り方「逆剃り」で残りを剃ってしまいましょう。この際、肌を傷つけやすいので十分に注意して剃ってください。もし、どうしてもカミソリ負けをしてしまうのであれば、刃が直接肌に触れないシェーバーに切り替えると良いでしょう。

70464a56e9c502ad3762ae2f2a7c41b7_s

髭剃り後のケア

髭剃りの後の肌は少なからずダメージを受けている状態です。このまま放置していると悪化する恐れがあるので、剃り終わった後は肌に十分なケアをしてあげましょう。シェービングクリームなどをつけている場合はしっかりと洗い落とし、洗顔をきっちりとしておいてください。洗顔はぬるま湯などで顔をマッサージしながら丁寧に行うと、より効果的です。髭剃り後は肌を労わり、水分を保つ事が肌荒れ対策の重要なポイントです。オイリー肌の方は化粧水や保湿成分の含まれている乳液などで保護すると良いでしょう。その際には刺激の強いものではなく、肌に優しいものを選んでください。

4939bc8f5d36879bc158dc42ef9ae797_s


さて、今回の髭剃り後の肌荒れ対策のお話はどうだったでしょうか?髭を剃った後の腫れや肌荒れはカミソリの刃が肌を少なからず傷つけているのが原因です。肌表面の角質層を傷つける事で痒みや腫れだけではなく、膿、出血など様々な症状も起こりうる心配もあるのです。

・髭を剃る前の準備
・髭剃り中に気をつける事
・髭剃り後のケア

髭を剃る際には今回の3つのポイントである、「髭を剃る前の準備」、「髭剃り中に気をつける事」、「髭剃り後のケア」これらを踏まえて肌を労わってあげて下さいね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る