ブログ

髭剃りで肌荒れするのはなぜ?

髭剃りの時に気をつける事はカミソリ負けして皮膚を傷めてしまう事です。そうならない為にシェービングクリームなどで対策をする事も重要です。しかし時として肌荒れが起きてしまう事もありえるのです。この髭剃りによる肌荒れって何が理由なんでしょうか?

髭剃りにより肌が痛くなったり、カサ付いたりと肌荒れしてしまうのにはちゃんとした理由があります。髭を剃る為とは言え、刃物を肌に当てている訳ですから、肌を傷めない訳がありません。髭剃り後の肌荒れの理由は以下になります。

・継続的な髭剃りによる肌へのダメージ
・髭剃りのダメージによる炎症

肌荒れの原因は肌にダメージを与える事が最大の原因です。今回は髭剃り後の肌荒れする理由についてお話しましょう。

継続的な髭剃りによる肌へのダメージ

髭を剃った後にヒリヒリとした痛みや剃ったた後が赤く腫れているなどの経験をした事がある人はいると思われますが、これはカミソリの刃で肌にダメージを与え続けているから起こる症状です。髭を剃った後に肌が赤く腫れているのは、カミソリが肌に刺激を与えているからです。その為に肌の弱い方などは痒みやヒリヒリした症状が現れてしまいます。そしてカミソリの刃は髭だけではなく、肌の角質層にまで傷をつけてしまっている事が考えられます。
角質層とは肌表面に水分を維持し、肌の潤いを保ちながら細菌やウイルスなどの侵入を防ぐ役割を持つものです。肌の水分を保つ為の角質層が削り取られると、その部分の水分が不足し、カサついた肌荒れを起こす仕組みになっているのです。これが髭剃り後の肌荒れの理由なのです。

こういった肌荒れを防ぐには洗顔はもちろんの事、髭を蒸しタオルなどに当てて柔らかくするなどして剃りやすくするか、肌の表面が乾燥した状態で髭剃りを行わない事が良いでしょう。

0a92604e40aca837d724feeaed284991_s

髭剃りのダメージによる炎症

髭剃りで肌荒れが起こる理由は剃った肌表面部分の角質層が削られるからですが、そのままにしておくと更に症状は悪化してしまいます。通常の髭剃りや週に数回程度の髭剃りであれば、数日もすれば傷ついた肌は回復していきますが、髭が濃い方や仕事の就業規則で髭が厳禁の方などの毎日髭を剃る機会がある方は、それだけ肌を傷つけていると言う事です。
数日で回復する傷も毎日傷つけていては回復するどころか悪化していく事になります。傷口が悪化してそのままにしてしまうと、傷口から細菌が侵入してニキビや最悪、膿が発生してしまいます。

髭剃りの際には、これらに注意しながら自分の肌に合うカミソリまたはシェーバーを使ったり、シェービングクリームを使うなどの対策が必要です。

d5578807333e411c973c8249135dbbaf_s


髭剃り後の肌荒れ理由の説明はいかがだったでしょうか?髭剃りのたびに肌は常に少なからずダメージを受け続けているのです。繰り返しになりますが、髭剃りの後の肌荒れの原因をまとめました。

・継続的な髭剃りによる肌へのダメージ
・髭剃りのダメージによる炎症

男性の方には日課とも言える髭剃りですが、毎日の作業と言う事で適当になりがちかもしれません。肌荒れから顔を守る為にも髭剃りの際には十分に顔を労わってあげて下さいね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る